スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代官山のフランス料理店「メゾン ポール・ボキューズ」でランチその2(フレンチ・レストラン) 

20090103_01_MaisonPaulBocuse40




代官山の「メゾン ポール・ボキューズ」さんのレポートその1からの続きです。白ワインと前菜、魚料理のところまで書きました。その続き、赤ワインと肉料理、フロマージュとデセールについて書きます。



赤ワイン

20090103_01_MaisonPaulBocuse23

赤のグラスワイン1,400円。

これも別の記事で報告しますが、
典型的なピノ・ノワールの華やかな香りの良いワインでした(日記)。
☆☆☆☆

20090103_01_MaisonPaulBocuse24

わずかに紫色、透明感のあるきれいな色。


肉料理

20090103_01_MaisonPaulBocuse20

柔らかく煮込んだ牛頬肉のキャベツ包み。
赤ワインソース。


アップで…

20090103_01_MaisonPaulBocuse21


切ると…

20090103_01_MaisonPaulBocuse26

キャベツの包みを切ると肉の良い香りが広がりました。
肉もとっても柔らかに出来ていて美味しい。
下のジャガイモも滑らかに美味しく出来ていました。

前日に行ったアソ(日記)でも、ちょうど「和牛頬肉の包み焼き(カルトッチョ)」でしたが、
こちらのほうが柔らかく、香り高く出来ていたと思う。
アソでは八角の香りだったけど…。

添えられた栗もとても味わい豊かで美味しく、
深みのある良い感じの甘みがありました。
和栗だそうです。

和栗はよくケーキやモンブランなどにされていますが、
こんなふうに深い味わいに調理されたものは他に記憶にありません。

☆☆☆☆☆!



フロマージュ

20090103_01_MaisonPaulBocuse27

左からミモレット36ヶ月、コンテビュー、カマンベール・オ・シードル。


フロマージュに合わせてソーテルヌを勧められました。


デザートワイン

20090103_01_MaisonPaulBocuse31

シャトー・カントグリル2006
グラスで1,200円。


20090103_01_MaisonPaulBocuse34

フローラルな香りがとても豊かで美味しいソーテルヌでした。
☆☆☆☆☆
(⇒ 日記



デセール

20090103_01_MaisonPaulBocuse36

リンゴのキャラメリゼ、シブースト仕立て、
アールグレーのアイスクリームと共に。

20090103_01_MaisonPaulBocuse37

20090103_01_MaisonPaulBocuse38

ヴァローナのチョコレートソースも美味しい。
全体に甘さの具合がちょうど好みで、良いデザートでした。

☆☆☆☆☆

当日は、シェフパティシェさんの人はお休みだったらしいのですが、
とても美味しく出来ていました。



コーヒー

20090103_01_MaisonPaulBocuse39

☆☆☆☆

酸味の強く香り高いコーヒーでした。

カップが日本の茶碗みたいでおもしろい。
台にスポッとはまるようになっていて、
側面にリング状に凹凸があって、熱くならないようになっています。




以上で、コース3,800円、白グラスワイン1,800円、赤グラスワイン1,400円、ソーテルヌ1,200円、フロマージュ800円、コーヒー600円で小計9,600円、サービス料10%で、合計10,560円でした。


料理は一連のお気に入り度がすべて☆5つで、個人的にはさすがという印象。

グラスワインの値段も割合良心的と思いました。


メゾン ポール・ボキューズさんの接客は、殆どソムリエの方にしていただきましたが、上にも少し書いたように、大変スムーズで、プロの接客というかんじでした。

どんなところが良かったかを書くのは大変難しいけど、例えば簡単な言葉のやり取り一つ一つにしても、いろんなニュアンスがこめられてしまうのが対人関係であり、接客もそういう基礎の上に成り立っています。

食事の最後のあたりに尋ねたら、経験が長いだけという謙遜をされたあと、ソムリエになったところが出発点という、まさしく納得のお答えをいただきました。このようなお答えをされる方ということで、私の受けた感覚も理解していただけるのではないでしょうか。


接客というのはとても難しいもので、気が利くかどうかや有能さに加えて、お客によって異なる心地よく思う距離感を察知することも必要だし、自然とにじみ出る知性や、パーソナリティからくる、オーラというかエナジーというものがあり、才能がなければ出来ないと常々思っています。(私にはとてもできなさそう、お客の顔を覚えられないし…。)

で、ソムリエさんである限り皆さん知識は豊富なわけですが、客の目から見て、接客業として明らかに未熟な人もたまにおられます。(例えば ⇒ 日記。)


店内は最初は空いていたけど、段々と予約客があつまり、ほぼ満席状態になっていました。テーブル数に対する給仕さんの人数は、同じヒラマツのご近所のリストランテアソさん(日記)と同じく、少なく見えましたが、上に書いたソムリエさんのおかげで、不自由することはありませんでした。

お店が混雑してきたところで、最初いらないといって断ったフロマージュを、そのあと気が変わって頼むということをしてしまいましたが、デセールと重なることもなく、勧めていただいたソーテルヌとともに、ゆったりと楽しむことが出来ました。

給仕さんの人数が少なくても、フロアに一人有能な人がいれば、なんとかなってしまうのだなと、その意味でも感心しました。



フロアへの通り道に、きれいなオープンキッチンを見せる演出もさすが。

帰りがけに写真を撮らしていただきました。


20090103_01_MaisonPaulBocuse40



パティシェさんたちのコーナーを通ったときに、若い女性の方が二人働いていましたので、「デザートも美味しかったです」と、声をかけました。


メゾン ポール・ボキューズさんは、私には非の打ちどころがなく見える料理とデザート、ワインのお店という印象。ソムリエさんの接客も良かった。料理が美味しかったのは、名前を貸しているポール・ポキューズさんの手柄というよりは、土井原シェフの腕前によるのだと思われます。

ただ、スペシャリテの値段については、有名なトリュフなスープが9,000円だったりと割高に見えます。本家にロイヤルティを支払うためもあるんでしょうか。


お気に入り度
☆☆☆☆☆
です。


お店情報
東京都渋谷区猿楽町17-16代官山フォーラムB1F
tel:03-5458-6324
お店HP


レストランの記録



追記:おもしろいのみつけたので…
辻調「すずきのパイ包み」
原価1,010円だそうです(笑)

コメント

そうですね、接客の良さで居心地が変わり、
思いもしなかったものまで注文しようかな・・・
なんていう気になりますものね。場数を
こなされているので、day_diamondさんは
テーブルに着いた時点で接客の良し悪しが
分かってしまいそうですね。

Blue Blueberry さん

私なんかそんなに場数をこなしているわけではないけど、分かるときは分かりますよね。。
やな感じのお店は入口から違ってたりしますもんね。。個々の給仕さんのパーソナリティもあるけど、社員教育とかもありますね。経営者のできることは、社員教育と十分な人数をそろえることでしょうね。

メゾン・ポール・ボキューズのソムリエさんは、よく気がつくし、フロアが混雑しているときでも、こちらの待ち時間をミニマムにしてくれてたし、ちょっとした言葉のやり取りも嫌みな感じがないし、観察してたら動きが静かでありながら素早くスムーズで、感心しました。

でも、他の給仕さんは、連絡が十分とれてなかったり、痒いところに手が届かないかんじもありました。同じヒラマツのアソの給仕も、正直、似てたと思う。感じは良かったですけど。人数もどちらも少ないと思いましたよ。2店だけで断言はできないけど、ヒラマツグループ全体が儲け主義なのではないかという印象です。

素敵

いや~どのお料理もいいですね。
デザートワインというものが存在することを初めて知りました(*'-'*)エヘヘ
かっこいいですね、デザートワインって。どの段階で頼んでデザートと味わうものなのですか?
コーヒーカップもかわってますね。
面白いです。いろいろ知ることができて嬉しいv-272

rokogirlさん

デザートワインは、このときはフロマージュのときにあわせましたが、どの時点でというようなルールはとくにないみたいです。通常、極甘口のものですが、それもはっきりした定義があるわけではなくて、そのまんまデザートになるような甘口のワインといった意味です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2204-0928c3d3

代官山のフランス料理店「メゾン ポール・ボキューズ」で2月下旬のランチ(渋谷、恵比寿、東京、フレンチレストラン)

同じお店の繰り返しが多いのですが、一応、記録しようという目的なので…。 4,500円のコースをオーダー。ワインは何杯ぐらいいけるかを...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。