ボルドーのヴィクトワール広場とアキテーヌ門(place de la victoire and porte d'aquitaine) 

ボルドーのヴィクトワール広場は、トラムとバスが行き交う、ちょっとしたターミナルになっています。


ヴィクトワール広場の中心はもちろん…

20080312_03_Victore01

このアキテーヌ門(porte d'aquitaine)。

元々は町を守る街壁の門だったものを、18世紀の都市計画の中で凱旋門に改造されたとのこと。

当時は、考古学的な価値よりも景観が優先されたのでしょうね。
建築家はアンドレ・ポワチエ(Andre Portier)だそうです。


このヴィクトワール広場には、よくわからないオブジェがあります。

20080312_03_Victore03

大きな亀さんとか・・・


20080312_03_Victore02

ねじれたオベリスクみたいなのとか・・・


これらは、近年になって設置された単なるオブジェであると、ここに住んで2ヶ月目というロシア人が教えてくれました。


ヴィクトワール広場は、とくに夜になると、酒や、もしかしたらドラッグで酔っ払った人たちが沢山いて、かなり物騒です。。昼間でもけっこうそうらしい。

たまにお巡りさんがやってきて、「一掃作戦」みたいなことをしている様子でした。

↑の亀さんの写真をとった後にも、ジャンキーみたいなホームレスみたいな若者が近くにやってきて、やれ50サンチームくれとか、薬もってないかとか尋ねてきました。明らかに正気でないし、急に騒ぎ出したりするし、けっこう危険だったと思います。どんな人かわからないし。近くの正気な若者がそれとなく心配そうにこっちを見ていました。

無視すると逆に危険そうだったので、トラムが来るまでの間、「なんで働かないの?」とか、ちょっと話したのだけど、ん~、彼の言い分は、偉そうな連中の言いなりになりたくないとか、自分はまだ準備が出来ていないとかなんとか・・・。ボルドー生まれで、フランス中を旅して戻ってきたらしい。

まー、よくわからんが、ともかくヴィクトワール広場は出来るだけトラムで通り過ぎるぐらいにしておくほうが賢明と思います。とくに女性と、夜中は…。明らかに雰囲気良くないし、他の外国人の人も同様のものを感じていたらしいです。そんなに面白い観光スポットもなかったと思います。



月の港ボルドー特集



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/22-2fae6c5d