[チーズ] モン・ドール 

モン・ドール
(Mont d'Or)




商品名:
製造者:
原材料:牛乳(生乳)、食塩
    牛はモンベリアルド種、およびビ・ルージュ・ド・レスト種
タイプ:ウォッシュ
産地:ドゥー県、フランシュ=コンテ地域圏、フランス。
   もしくは、ヴォー州、スイス。
法令:AOC "Mont d'Or"(フランス)、Vacherin Mont d'Or(スイス)
生産時の形状と総重量:直径12~30cm、高さ4~5cmの円盤状、500g~3kg
製法:塩水でのウォッシュを繰り返す。
熟成:3週間以上
季節:8月15日~3月15日に生産、9月10日~5月10日に販売
脂肪分:45%以上


歴史・特徴:スイスとフランス国境のジュラ山脈の伝統的なチーズ。
エセピア(モミの一種)の樹皮が巻かれた中で熟成され、その芳香も加わる。
1740~50年代にモン・ドールの原型となるチーズの記録がある。
18世紀の終わりごろの記録により、このころモン・ドールと呼ばれるようになったと考えられている。


名前の由来:「金の山」の意。


合うもの:ジャガイモ、バゲット、パンドカンパーニュ、ライ麦パン、軽い赤、もしくは白ワイン。季節柄ボージョレーヌーボー。


参考:Wikipedia



写真:

20081208_03_cheeseMontDOr



レポート

外観:熟成して液状になっており、スプーンですくって食べる。
黄色の濃いチーズ色、クリーム色。


質感:常温でもとろとろの液状。


香りの強さ:2/5
香りの内容:いわゆるチーズの香り。


甘味:2/5
酸味:2/5
塩味:4/5
苦味:0/5
旨み:4/5
ミルクの風味:4-5/5
刺激:0/5
後味の長さ:
後味:


全体の印象:味は濃く、ミルクの風味も豊か。意外に塩分もやや強め。
どちらかというと、穏やか。


今回のものの特徴:


その他の感想:味は濃い目の普通のチーズといったところで、大体想像できそうな味。まあそんなに騒ぐほどでもないと思った。


購入:フランス料理店で食す。


過去の記事:


チーズの記録






コメント

MONT D'ORは冬に食べると美味しいですね。
両親にプレゼントしたらとても気に入ってくれてました。
チーズなんて殆ど食べない両親が気に入ったということは、日本人にも受け入れられやすい味なのだと思います。
日本で購入するとかなりお高めなのが玉に瑕。
写真の付け合せは乾燥イチジクとプルーンでしょうか?
確かにドライフルーツとも合いそうです。

タヌ子さん、こんにちは。

ご両親にプレゼントですかー。
親孝行しましたね(^-^)

モンドールは切り売りできないこともあり、結構高いので、なかなか買えません。
一人では食べきれないので。。
でも美味しかったです。

写真のドライフルーツはイチジクとレーズンでした。
チーズとドライフルーツは良いですよね(^-^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2198-87477f4e