スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸牛を食べてみた 

再び、近所の焼肉屋さんに行きました。
ミスジがまだあるかなと…。

なかったので、神戸牛を食べてみました。





20081215_01_KobeGyuu01

この日は混んでいたので、テーブルの大部屋に…。


神戸牛2,600円(^Q^)

20081215_01_KobeGyuu02

アップで・・・


20081215_01_KobeGyuu03

焼いて・・・

20081215_01_KobeGyuu06

食べます・・・

20081215_01_KobeGyuu07

もうちょっとしっかり焼いて・・・

20081215_01_KobeGyuu08

食べます。。

☆☆☆☆


神戸牛の外国での知名度はかなりのもんですね。
和牛といえば神戸牛ってぐらい。
神戸自体が観光地なのも知名度上げるのに利いているかも。




一緒にオーダーした、レギュラーの和牛カルビ1,100円。

20081215_01_KobeGyuu04

アップで・・・

20081215_01_KobeGyuu05

これもA5ランクとの話だったのだけど…
このお店はメニューの最初のところに、すべてA4、A5と書いています。
前にレギュラーの和牛カルビはA4かと尋ねたらA5といっていました。

でも・・・

脂身がかたくって、ガムみたいに口の中に筋が沢山残りました…。
これって本当にA5ランク?

こんなに沢山筋が残ったのは、
十年ぐらい前に1,500円で食べ放題の焼肉屋に行って、
最低の肉を食べて以来です。
あの店ほどはひどくなかったけど。。
あのときの肉の半分ぐらいは筋が残ったかな…。

値段が高いのも考慮して、後悔


これだったら、もう600円高い、ひとつ上のカルビにすればよかった。


帰り際に確認したら、厨房の人が、やはりはっきりとA5と言っていました。

A5だからって、すべてが美味しいわけではないんだ…。
びっくり。。。

まだちょっと信じられないんだけど。。。



このレギュラーの和牛カルビと比較のため、
前に食べた同じA5ランクの「大トロカルビ」1,700円をのせてみます。

20080806_02_OtoroKarubi01

かなり差がありますね。。
同じA5ランクでもだいぶ違うんですね。。

焼いたところ…

20080806_02_OtoroKarubi03



さらに、同じA5ランクの「特撰和牛」2,300円。

20080908_01_Yakiniku03

焼いたところ…

20080908_01_Yakiniku05

右のが「特撰和牛」、左はイベリコ豚の「セクレタ」。



サンチュせよ。。

20080806_02_OtoroKarubi02



この日は、神戸牛円、和牛カルビ、ご飯大、割引クーポン利用で、
合計2,990円。









コメント

すごっ!

ひぇ~っ、また美味しそうなお肉を食べてる~!(笑)
神戸牛にイベリコ豚ですか~、ほぉ~。
しっかり焼いた写真に、思わず顔を近づけちゃいました。香りが届きそう~。(笑)

pepe犬さん

焼肉美味しいですよね~。
pepe犬さんも、せっかく日本に戻られたのだから、焼肉と寿司に行かねば。。
そして、ブログで報告してください~。

私も

飛騨牛の焼肉やに3回行って、同じお肉を頼んで3回目だけあきらかに違うような硬いし噛み切れないお肉が出て、店長に言ったら無視されました。
同じ値段出して噛み切れないお肉が出るとショックです。

rokogirlさん

そうなんだ~。
それはショックだよね。
私もそんなのいやです。

しかし、どうしてそんなこと起きるのかなー。
けっこう不信感覚えるけど、どういう基準で噛み切れない肉がA5ランクになれるのでしょう(?_?)

↑の写真の「和牛カルビ」なんて、見た目も筋がしっかりしてて、明らかに噛み切れないようなかんじなのにね。。。
この肉に一皿1100円も出さないよね(>_<)
噛み切れない肉なんて、お金もらってもあんまり食べたくないぐらいです。
いや・・・そのぐらいなら、1食抜いてダイエットしたい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2176-6ead9db8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。