[時事] どうして文科省と御用学者って馬鹿なんだろう? 

英語で授業…「正直、無理」 高いハードルに先生困った朝日新聞


>「英語の授業は英語で行うことを基本に」。22日公表された、13年度からの高校学習指導要領改訂案でこんな方針が示された。

そんなん大部分の高校では無理に決まってるやん。

無理にやってもいい結果にならない。
いんちき英語インプットされるだけ。

大部分の生徒は仕方ないから、授業外の自習を頼りにするか、やる気を失って脱落していくかどちらかになる。

どうして、文部科学省のお役人とか、御用学者の人たちって、こんなにバカなんだろう?
現場音痴ともいえる。
でもやっぱり頭悪いんだと思う。
暗記力のある人もいるだろうけど、思考力がないんだろう。
日本の政治、行政のだめなところは、頭悪い人が、実質的な権力をもってるところ。
「ゆとり教育」で、こりごりだったのでは?

あと、英会話学校からお金もらってるかも。


御用学者の皆さんたち:文部科学省「中教審委員メッセージ」

この人たちの学校教育の現場経験はいかほどなのか?
生徒・学生の前で話をするだけが、現場経験ではない。
学習効果を上げるための努力をした経験がどのぐらいあるのかが問題。

経歴を見て、甚だ疑問です。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2174-0ee6699f