スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小石川後楽園の紅葉 

東京ドームの隣にある庭園、小石川後楽園に行ってみました。

歴史は江戸時代の初期、寛永2年(1629年)にさかのぼり、水戸徳川家の屋敷の庭として作られたそうです。

「後楽」という言葉は、よく知られているように、最初に世の中のことを憂い、それから「後に楽しめ」ということだそうです。しかしながら、大金を投じて庭園など造成しておいて、その言い草はなんなんだと、ちょっと疑問です(笑)

「小石川」というと、まず「小石川養生所」を思い出しますが、それは小石川後楽園よりも1kmほど北に位置しました。現在は「小石川」という地名はありませんが、本来、駒込、巣鴨、本郷、小日向のあたりに広がる、山手線の内側の北の何分の一かをカバーする地域だったようです。そして、その由来は「小石の多い川」があったためという説が有力だそうです。その川は神田川に注ぐ小さい川だったようですが、今はもうありません。


小石川後楽園は、現在では、国の特別史跡、特別名勝として指定されています。

この二つに指定されているものは、都内で二つ、全国で九つとのことで、かなりメジャーな名所ということになると思われますが、内容はそれほどのものではありませんでした(笑)


参考:小石川後楽園

広さは7万平米ですが、周囲のビルや東京ドームが視界に入ります。





20081207_02_KoishikawaKourakuen01

20081207_02_KoishikawaKourakuen02

20081207_02_KoishikawaKourakuen03

20081207_02_KoishikawaKourakuen04

20081207_02_KoishikawaKourakuen05

20081207_02_KoishikawaKourakuen06







大きな地図で見る


コメント

日本はまだ紅葉が見れるんですね!
本当に驚きました。
都心部は、何気に広い公園があり、
公園の周りはビルが林立して不思議な雰囲気を醸し出していますが、
結構、こんな雰囲気の自然も好きです。

Blue Blueberry さん、こんにちは

これは二週間ぐらい前の話なのです(汗)
私の日記はけっこう日にちがいい加減です(笑)

東京は意外に、面積でみたときの緑の割合が、他の大都市とくらべて多いらしいです。
江戸時代にかなりの面積が武家屋敷や御用地だったりしたためと思います。
あと、一般の人には解放されていない皇居も面積に入っていると思います。

綺麗~

おちついた庭園ですね。
のんびり歩いてみたい雰囲気です。
本郷あたりなんですね。
紅葉ってこれくらい日が照ってないほうが綺麗に撮影できますねv-34

rokogirlさん、こんにちは

そうですね、本郷の隣町といったところかな…。
電車では、飯田橋駅、後楽園駅あたりです。飯田橋駅は、東京メトロ、都営地下鉄、JRの三駅ありますが、一番近いのは都営地下鉄の飯田橋駅。
あとで、地図の埋め込みを追記しておきますね。。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2169-96565489
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。