スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西麻布のイタリア料理店「アルポルト」でランチ(イタリアン・レストラン) 

西麻布にある「リストランテ・アルポルト」さんに行ってみました。


お店のHP
tel: 03-3403-2916

私はテレビのグルメ番組はあまり見たことなかったので、知らなかったのですが、
片岡シェフは有名な方のようです。

ぐるなび
Yahooグルメ
livedoorグルメ



西麻布の外苑西通りから、坂道を少し上がったところにあります。

20081207_01_Alporto0220081207_01_Alporto01

13時に予約し、12時45分に到着しました。

7,980円のお任せのコースと、白と赤のグラスワイン840円×2をオーダー(税込、サービス料別+10%)。グラスワインの値段は良心的なほうだと思います。もちろん、内容にもよるのだけど。。

コースの内容は、前菜4皿、パスタ2皿、メイン1皿、口直し、デザート。

20081207_01_Alporto03

店内の様子。
お客さんの顔が分からないように小さめの写真で…。


人気店のようでいっぱいで、席の間隔も広いとはいえず、にぎやかです。
給仕さんの人数は、お客さんの数に比べて、若干少なめに見えました。
あわただしく、他所の席ですが小さなミスも。
用事があるときにも、気付いてくれるのを少し待つ感じです。

とはいえ、給仕さんの数を増やしたら、混雑している店内が余計に混むし、
経営上もしかたないのかもしれません。


20081207_01_Alporto08

グラスの白ワイン。
SONNENLAND
PINOT BIANCO(ピノ・ビアンコ)100%の辛口、芳醇でフルーティ。

☆☆☆☆

ワインの細かいことは、また別の日記に書きますね。。
写真が多すぎるので。。




パン

20081207_01_Alporto09

バゲットをカリカリっと少し熱めに温めてくれていました。
美味しかったです。
☆☆☆☆

軽い味で、塩分を感じるバゲットでした。


前菜 1

20081207_01_Alporto10

沼津産真鯛のカルパッチョ。
根野菜と粒マスタード。

20081207_01_Alporto11

真鯛は新鮮な印象でした。
酸味と辛みがちょうど良くインパクトがあり、白ワインとも美味。
☆☆☆☆☆

西洋大根もシャキっとして気持ちよかったです。



前菜 2

20081207_01_Alporto12

人参のムースと生うに、コンソメのジュレ。


20081207_01_Alporto13

コンソメのジュレは一口目には少し薄い感じがしたけど、
じんわりいい感じの旨さがやってきて、ちょうど良かったのだとわかった。

もちろんウニにミョウバンの味はしません(と思った)。
白ワインとも良い相性。

☆☆☆☆☆



そういえば、少し前に、赤坂のフレンチレストラン「シュマン」(日記)でも似たもの食べた覚えがある。どちらも大変美味で、甲乙つけ難いけど、「シュマン」のは、食べ初めてかなり最初から涙目になるぐらい美味しかったけど、「アルポルト」のは白ワインとあわせる段階で涙目になったから、強いて甲乙つけると、個人的な好みでは「シュマン」のほうかな。こういうのは気分の問題もあるしわからないのだけど。。




前菜 3

20081207_01_Alporto14

鮑のオーブン焼き香草バター。


20081207_01_Alporto15

アツアツで供され、やけどに注意しながら食べます。
残りの汁もパンですくって。
ピリッとした辛さもあり、ガーリックの香り良く美味でした。
☆☆☆++

ただ、鮑でないといけない理由が鈍感な私にはわからなかった。



前菜 4

20081207_01_Alporto16

フォアグラのソテーとサフランの焼リゾット。


20081207_01_Alporto17

なかなかうんまいと思った。
☆☆☆☆++

焼リゾットは焼きおにぎりみたいなかんじで、ちょっと歯に挟まった(笑)
フォアグラは外側カリっと、中が柔らかで、ちょうど良い焼きかげん。

少し強めだけど、無難な味付け。

十分に美味しかったけど、
感激してこれを食べに何度でも足を運ぼうというほどではなかった。
頑張れば自分でも作れるかもってちょっと思った(冗談です)。



パスタ 1

20081207_01_Alporto18

猪のラグーソース、秋トリュフのタリアテッレ。

20081207_01_Alporto19

目の前で蓋をぱかっと開けてくれると、
トリュフの香りが広がります。

☆☆☆☆



赤のグラスワイン

20081207_01_Alporto21

MORELLINO DI SCANSANO
ザンジョベーゼ主体。
中重口で、フルーティで果実の凝縮感もある。

☆☆++

これもまた別のところで詳しく書きます。


実は最初にコースをオーダーするときに、メニューを指差しながら、
前半は白で、後半を赤のグラスとお願いしてたのですが、
意図が伝わってなかったようです。
バタバタしてたのは分かるのだけど、よく聞き取れなかったら聞きなおしてほしい。
味の濃いフォアグラのあたりで、スイッチだったかな…。


そして、急遽オーダーしたところ、赤ワインについては、
グラスには目の前で注がずに、注いだものをもってきてくれました。
きっととても忙しかったんですね。。。

飲み放題2000円ぽっきりの居酒屋みたい(笑)
経験の浅い私には、この価格帯のお店では2回目の経験。
1回目はボルドーの La Tupina というお店(日記)。
そこでは「はなれ」だったから意味がちょっと違うかもしれないけど。






パスタ 2

20081207_01_Alporto22

スパゲッティ・アラビアータ

20081207_01_Alporto23

なかなか良い味でした。
☆☆☆☆+



メイン

20081207_01_Alporto25

和牛ロース。
ルッコラとパルミジャーノチーズ。

アップで…

20081207_01_Alporto26

さらに…

20081207_01_Alporto27

切ってみるとこんな…

20081207_01_Alporto28

焼加減もとてもいいかんじ。
とても柔らかでした。

焼いた肉の香ばしさ、脂っぽさ、ルッコラの苦み、
パルミジャーノ・レジャーノの旨みと塩分など、
バランスとコンビネーションが適切で大変美味。

☆☆☆☆++

全体的な塩加減が個人的な好みに合っていました。


パルミジャーノ・レジャーノは24ヶ月熟成ぐらいかな?
美味しかった。

ただ、チーズは自分でも買えるものなので、
それ以上の付加価値を探してしまうのもいたしかたないところ。

肉は柔らかではあったけど、口の中に少し筋が残った。




口直し

20081207_01_Alporto39

紅茶風味のグラニータ。
オレンジとグレープフルーツ。

20081207_01_Alporto30

温度的にも、酸味の強い味にわずかな苦みがあることも、
口直しとしては適切な印象。

味も美味しかった。
☆☆☆☆

これがアイスクリームだったらお気に入り度☆5つつけたかも。




ドルチェ

20081207_01_Alporto31

ティラミスとチョコバナナタルト。


20081207_01_Alporto32

味のバランスがとてもよく、
また、バナナの風味とティラミスのマッチングがよいと思った。

☆☆☆☆++

甘さの程度も私の好みに合っていました。

順当なコンビネーションだし、ありがちな「ティラミス」なので、
なかなか感激したというわけにはいかないのだけど、
今まで私の記憶の中にある「ティラミス」を思い出してみて、
今のところ、アルポルトさんのティラミスが一番美味しかったような気がする。





アルポルトさんの接客は、全体にあわただしいかんじで、私のようにのんびりなお客は迷惑だったかも。とはいえ、皿と皿の間の時間間隔は幾分長めで、厨房もフロアと同様、やはり手が足りないのでは?とちょっと思いました。

お店の中の席と席の間隔、給仕さんの人数、待たされ具合を考えると、トラットリアに近い雰囲気のリストランテという印象でした。


お料理はドルチェも含めて、万人の好む味のバランスの中に納まっている感じ。味付けは心持ちしっかり目で分かりやすい。順当に美味しいものが食べられると思います。


この後、予定があったので、少し急ぎ気味にお店を後にしたのだけど、私が店内にいる間には、片岡シェフは出て見えませんでした。



トータルでの、お店のお気に入り度は、

☆☆☆☆

です。



ご馳走さまでした。。またいつかおじゃましたいと思います。


レストランの記録





コメント

ここは~~!

このアルポルト行ったんです一人で。
タクシーで待ち合わせで行ったら、
他の店と間違えてました(笑)
慌てて麻布十番に行きました。。。

今日名古屋のアルポルトで夕食しようかと思ったらママがステーキがいいと言うので隣のステーキ屋になりました(^^;)がっかりです。

パスタが2品出てくるのってすごく好きです。しかもどちらも好きなパスタのソース。猪のタリアテッレめちゃおいしそう!フォアグラのdayさんなら作れると思うv-218

私の行きたいレストランにアルポルトがありますが、
まだ行ったことがありません(><;)
フォアグラのステーキが食べたいです♪
このレベルのレストランなら、
ワインのタイミングも期待してしまいますよね~
。というか出来て当たり前では?と思ってしまいます。

ふむふむ

レストランには珍しく、古典柄の食器を使っているんですね。
前菜1はお料理を更に引き立てているバラのお皿に「よしよし!」といいたくなります。(笑)

イノシシのラグーソースに秋トリュフですか~。。。
トリュフの香りが広がるのはいいですね~。私もその香りに包まれてみたい~!(笑)

rokogirlさん

あはは、麻布十番ということは、もしかしたら「ア」で始まるお店でしょうか~(笑)
なかなか予約のとれない「アのお店」(アロマフレスカ)かな(笑)
「ア」で始まるイタリア料理店多いですよね(^-^)

ステーキ、ママさんらしいね。。(笑)
名古屋には有名店の支店がいっぱいあってうらやましいです。

BlueBlueberryさん

ダーリンさんがMBAとったら、どんだけ高級店通いになるか、今から楽しみです(笑)

そうなんです。。。
ワインのタイミングと出し方については、少しガッカリなかんじです。
高い割には?と、ちょっと思いました。。。

あまり「外国では」みたいな話は好きくないけど、良いところは見習ったほうがいいから、あえて書くと、ボルドーでは、どんな小さなブラッセリーでも、ワインのことはとても大切にしてるんです。。。目の前で注ぐのだって、このエチケットのこのボトルから、貴方のために今まさに注いでますよっていう意味があるんだし、840円のグラスワインでぐだぐだ言うなと叱られそうですけど、オレンジジュース出すみたいに出されると、少し悲しい気分もします(>_<)

pepe犬さん

お皿は、pepe犬さんが見てくれるかなーと思っていました(笑)
オーソドックスなかわいいお皿が多いですよね。。
女性が喜びそうなかんじ。。
前菜1は、カルパッチョの彩りと皿の柄があまりによくマッチしてますね(^^ )

盛り付け方も、何でもかんでもごちゃごちゃさせるのではなくて、真ん中にシンプルに乗せるのが多くて、好感が持てます。アラビアータもきれいに真ん中に寄せて、皿の柄と合っています。

アルバではトリュフは食べなかったのですか?

アルポルトには・・
以前行きました

ちょこっとづつ
色んなメニューが出るので
欲張りな私には
ぴったりでした

ワインは注ぎ方で
味も変わるとか・・
丁寧にして欲しいですね
お給仕する人
ワインラヴァー
じゃなかったのかな?

桜さん、こんにちは

アルポルト人気ありますね(^^ )

そうそう。。
ちょっとずついろいろ、の草分けのお店だとどこかに書いてあったような気がします。。

注ぎ方の違いまで判別できるほどの優秀な舌と鼻はもっていないのだけど、気分的には、ちゃんと目の前で注いでほしいです。。そこんところも含めて、楽しみたいので。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2162-3b97f97a

西麻布「アルポルト」ランチ

2ヶ月ぶりのお食事会はあの片岡シェフのお店。イタリアンの老舗、西麻布「アルポルト」 西麻布というところはなんとも中途半端で、広尾からも六本木からも10分以上かかるのでみなさん嫌だといわれるかと思いましたが「おいしいところならどこでも…」ということで雨の...

  • [2008/12/17 21:33]
  • URL |
  • てんびんthe LIFE |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。