クラテッロ・ディ・ジベッロを食べてみた 

そういえば、最近生ハム食べてないなーと思い出し。。。

久しぶりに「クラテッロ・ディ・ジベッロ」(Culatello di Zibello DOP)を買ってみました。

ジベッロというのは、エミリア=ロマーニャ州パルマ県のジベッロ村のことで、冬の間に霧が立ち込める独特の湿潤な気候のようです。(NHKでみたん。)

その付近の豚さんのもも肉を冬の間に塩漬けにして、豚の膀胱に詰めて次の冬まで熟成させるのだそうです。

販売店によると、イタリアのその他の生ハムの上にクラテッロがあり、その上部にクラテッロ・ディ・ジベッロがあり、その上部すなわち頂上に、アンティカ・コルテ・パラヴィチーナ製のクラテッロ・ディ・ジベッロがあるそうです。





20081119_01_CulatelloDiZibello01

これで50g。。。
1,869円(税込)でした。

これでも大特価みたいです。
高いですよね~。。


もったいないから2~3枚だけ…

20081119_01_CulatelloDiZibello02

フルーティともなんとも言い難い芳香と。。。
じゃりっ、じゃりっという旨みの結晶。
くだけると、さわやかな旨みが口のなかに広がります。

パルマ産のの18ヶ月熟成させたやつとか、
イベリコ・ベジョータの24ヶ月熟成させたやつとかも美味しいけど、
香りや味、食感は、また微妙に異なり。。。
甲乙はつけ難いのだけど。。。
同じようなものでも、気候とか豚の育て方とか、
熟成のさせ方でずいぶんと異なるものなのだなーと、
思いました。

50gは、2日間に分けて、あっというまに食べてしまいました(>_<)




参考:Wikipediaの記事


購入したのは…
 ⇒ クラテッロの頂点!スピガローリ・マッシモさんのクラテッロ・ディ・ジベッロ スライスパック
 ⇒ トスカニー@伊ワイン&グルメ食材
ちょくちょく利用するんですが、まずまずです。。。


これはこれで美味しいのだけど。。。
ちょっと高いです(>_<)

マネーゲームで儲けた人とか…
やぶ医者とか…
ちょっとカワイイだけで、金持ちと結婚した女性とか…。

お金持ちの人は、こんなものを飽きるほど食べられるのだなーと思うと、
やはりこの世界は、不公平に出来ているとおもわざるをえません。。。

それにしても、この私も、北朝鮮に生まれていたらこんなものは食べられなかったかもしれず、
世界的に見れば幸せなほうなのだと、思うのでした。。。

神様や仏様に感謝。。。


コメント

生ハムも格付けがされていたのですね。お楽しみは2日間だけで終了しましたか(笑)。今度は何かフルーツやパスタなどとのアップを楽しみにしていますよ~

Blue Blueberry さん

格付けというより、販売店が勝手にそう宣伝してるだけとおもいます。。
ただ、DOPは法令なので、それにかなうかどうかの線引きは一応のものではあると思います。

50gは、2日間でなくなっちゃいました~(T_T)/~~~~~
クラテッロ・デ・ジベッロに関しては、あまりにももったいないので、そのまんま食べるほうがいいと思いますよん。。

おいしそう~~

食べてみたいです。名前が覚えられないのでお店で探すならどこかに書いておかないと駄目だ(^^;)
でも高いですよね。もっといっぱい
入れて欲しい~(笑)

rokogirlさん

ほんと高いですよね~(>_<)
生産量少ないので、いまや希少価値です。。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2103-5e9985d8