マウント・ハーラン カレラ - カリフォルニア ピノ・ノワール 2006 

CALERA
2006
Mt. Harlan Cuvee
PINOT NOIR
MT HARLAN



エチケットとボトルの全体…

20081022_02_wineCALERA0120081022_02_wineCALERA02



色はこんなです…

20081022_02_wineCALERA04



面白いガラスの栓です。

20081022_02_wineCALERA03

私は気にしませんが、コルクにこだわるひともいますね。。。




葡萄:ピノ・ノワール
生産地:カリフォルニア、アメリカ合衆国
生産者:カレラ社(Calera Wine Company)
ヴィンテージ:2006
格付け:Mt. Harlan Cuvee
製法:
輸入元:コルドンヴェールと酒屋チェーン「やまや」

その他:裏ラベルに、詳しく畑ごとのセパージュが書かれています。



参考:
某販売店によると、
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」といわれるほど、ピノ・ノワールのつくり手として、確固たる地位を築いたカレラ。安心して飲むことができる1本です。

別の販売店によると、
ロマネ・コンティ社でワイン造りを学んだ、ジェンセン氏が所有するワイナリー。
綿密な調査をして購入した畑は、カリフォルニアで最もピノ・ノワールに適した土地。
こっそり持ち帰ったというDRC社の畑に植えられていたブドウの苗木。


「こっそり持ち帰った」って…(^^;)
そんなこと書いて大丈夫なのか…?

また別の販売店によると、この「マウント・ハーラン・キュベ」について、

カレラ・ワイナリーの最新作。
「カレラのシングル・ヴィンヤードからのバレル・セレクション」であり、唯一キュヴェの名を冠するこの新作です。
ジャンセンをはじめ、ミルズ、セレック、リード、ライアン、そして新しい畑(1997年植樹)、6つの畑のピノ・ノワールによるブレンドです。
ジャンセン33%、セレック+リード+ミルズ27%、新ヴィンヤード26%、ライアン14%という比率。
『カリフォルニアのロマネ・コンティ』と言われたジャンセン(729ケース)の半数に満たない292ケースという大変少ない生産数です。


とのことです。




レポート

アピアランス:とても透明感がある。少し紫色のあるきれいな赤黒。
とろみ中。


香りの強さ:3/5
香りの内容:ピノ・ノワールのワインの香り。華やかで深い香り。
けっこうミルキーな香りもする。


甘味:3/5
酸味:3/5
苦味:1/5
渋み:3/5
果実味:3-4/5
刺激:0/5

後味:

印象:おいしいピノ・ノワール。少し苦みがあるが、それほどわるい感じでもない。
まあまあ。2日目、ちょっとヘタっとなった印象。やっぱり少し苦い。
良いピノノワールの性質を持っているという印象でかなり良いとおもったが、少し苦みがあるのがマイナス。

その他の感想:販売店の店員さんがとくに勧めてくれたので、購入してみました。たしかに、ネットでの値段よりもだいぶ割引になっていた。
ただ、「個人的絶対評価」では、それほどでもなかった。カリフォルニアワインはお買い得というのも好み次第なのかもしれない。



好みによる評価:☆☆☆☆+
お買い得感:☆☆☆++



購入:2008/10/22、3,280円/750ml、近所の酒屋チェーンYM。


通販ではこちら・・・





楽天ワイン店リスト
ワインの記録



あわせた食べ物。

マックのダブルチーズバーガー
☆☆☆☆++

マックリブ
☆☆☆☆

DHCのオニオンスープ
☆☆☆☆☆

ニッポンハムのハヤシライス
☆☆☆☆







コメント

あはは

持ち帰ったって書かないほうがいいでしょうね~日本だったらすぐに問題になる(笑)
いまさらですが(笑)こう見てると白はお寿司に合うんですねやっぱり。

rokogirlさん

苗木のことですね。。
むしろアメリカのほうがすぐに訴訟になりそうな話ですよ(^^;)

白とお寿司はそうですね。。
赤は強い渋みがあるので、それが合う食べ物でないと。。

繊細な味のもの、すっきりした味のもの、ハーブ系の香りを大切にしたものには赤は合わないことが多いと思います。

逆に、味の濃いもの、スパイシーな食べ物は白ワインのデリケートな味を壊してしまうので、赤しか合わないことが多いと思います。。。

よく言われる、肉と魚での区別は絶対的なものではなくて、肉だとスパイシーなことが多く、魚だとハーブ系の料理が多いからですね。。それぞれ逆の方針の料理だと、ワインも逆のほうが良いと思われます。

突き詰めると、結局はすべて好み次第なのですけどね。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/2060-a44ed011