スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三陸鉄道久慈駅「三陸リアス亭」(清雅荘弁当部)のうに弁当 

るるぶに乗っていたのが美味しそうだったので・・・

かなり頑張って手に入れました(笑)


るるぶの記事:
 1986年頃、三陸鉄道と時期を同じくして誕生。看板は最強の「うに弁」だ。一面を覆い尽くすうにで、ご飯が見えない。一口食べればふんわりしたうにと、うにの汁で炊いたご飯が絶妙に調和。やさしい潮の味が口一杯に広がる。・・・

1260円で4月中旬~10月頃まで1日限定20食。

駅弁の本などでは必ずとりあげられるのだそうです。

Wikipediaによると、「幻の駅弁」だとか・・・。

参考:
駅弁資料館
三陸縦断駅弁の旅




20080923_07_KujiUnibentou01

これがそれ。。(^Q^)


20080923_07_KujiUnibentou02

うーむ。たしかにうにがいっぱい。。
蓋を開けるとほんのり甘い良い香りがしました。
柑橘系の香りの要素は上に乗っているレモンのためもあるかも。。


アップで~。

20080923_07_KujiUnibentou03



20080923_07_KujiUnibentou04

ウニを炊き込んだウニご飯になっています。


かなり旨かったです。。

値段も考慮して、お気に入り度は、
☆☆☆☆☆
です。。


ごちそうさまでした。。

そして、どうもありがとうございました。。





コメント

w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!!

こりゃすごい!電車に乗って買ったんですか?食べてみたいなぁ~~~
贅沢だ。ご飯まで炊き込みになってるなんて。
手に入らないなんて・・・

rokogirlさん

美味しかったのは事実なのですが、Wikipediaに書いてあった「幻の駅弁」はちょっと言いすぎだと思います(笑) たぶん、メディアが誇張したのだと思います。一日20食限定というのは、テレビで取り上げられたりした直後でなければ、普通のときはそのぐらいしか売れないってことなんではないかなー(笑) 生ものだし、売れ残ったら損害大きいですから。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/1963-b69b6fa4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。