スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトー・ラグレゼット(Chateau Lagrezette) -  

20080317_04_CahorsMalbec07


DEPUIS 1503
CHATEAU
LAGREZETTE
MIS EN BOUTEILLE AU CHATEAU
CRU D'EXCEPTION
MALBEC
Ch. D. Perin
PROPRIETAIRE

2003
500 ANS DE TRADITION MALBEC


エチケットはこんなふう…

20080317_04_CahorsMalbec01


色はこんなです…

20080317_04_CahorsMalbec0620080317_04_CahorsMalbec05


瓶の全体はこんなふう…

20080317_04_CahorsMalbec0320080317_04_CahorsMalbec08



葡萄:マルベック100%
生産地:カオール(Cahors)
生産者:Chateau Lagrezette
格付け:ACカオール
熟成:
ヴィンテージ:2003


備考:何かのベスト100に選ばれたワインとのこと


レポート

アピアランス:
非常に濃い赤黒。
ピノノワールのワインよりもっと来い。
透明感もあり美しいノーブルな印象


香りの強さ:/5
香りの内容:チョコ、カカオ、凝縮したベリー、ジャム


甘味:3/5、良い感じの甘さも
酸味:3/5
苦味:0/5
渋み:3/5
果実味:4-5/5
刺激:1/5、少しアルコール感がある

後味:

印象:素晴らしいワイン。ピノ・ノワールとも、カベルネ・ソーヴィニョンとも、メルローとも違う
強いて言えばピエモンテのネッビオーロに近いかも。
良いバローロに似ている。しかし、ネッビオーロよりももっとダークなイメージ
色がとても濃く、色素が強い。
深みもあり、香ばしさもある。
最高のワインだった。


その他の感想:
試飲して、気に入って買った。
橋の袂のお店で多分一番良いワイン。飲み頃と勧められた。
また、お店の人は20年間の熟成にも耐えると言っていた。
2日目に少し苦みが出て、1日目ほどの感激はなくなっていた。


好みによる評価:☆☆☆☆☆
お買い得感:☆☆☆☆☆


購入:2008/3/16,19ユーロ/750ml,カオールの橋の袂のお店で。




楽天ワイン店リスト
ワインの記録



20080317_04_CahorsMalbec09

20080317_04_CahorsMalbec0220080317_04_CahorsMalbec04

このワインのために4ユーロぐらい出して La Vinoteque de Bordeaux で買ったグラスと、持ってきた旅行用のソムリエナイフ。

ソムリエナイフは、10年ぐらい前にワインに興味がないときに便利そうだから買ったのが、旅行で役に立った。


20080317_04_CahorsMalbec10

カオールの近くにあるロカマドールのシェーブル。
有名な観光地と、有名なチーズ。

ボルドーでは、たったの1.5ユーロぐらいだが、日本で買うと3~5倍する。


20080317_04_CahorsMalbec11

マルベックの特徴的な色素。



コメント

わー、cahorsのワインですね。
マニアーな感じは、さすがday-diamondさん。
もう、すっかり味は忘れていましたが少し思い出してきました。
飲んでみたいですぅ。

BlueBlueberryさん

カオールにも、マルベックにも惚れ込みましたよー♪

私もまた飲みたいなー、このワイン。
どっかで売ってないかな。。
でもきっと日本で買ったら高いんだろうな(>_<)
少なくとも、チーズとワインに関しては、フランス人は幸せですよね。。
いいなー、フランス人。

いいさー、日本には、納豆と卵かけご飯があるさー。カラムーチョもね(笑)

ちなみに、ボルドーで、「カオールでワイン買ってきた!」って地元の人々に言ったら、「なんやの?ワインならボルドーに沢山あるのに」ってオーラを感じましたよ。ボルドーとカオールは、中世以来のライバルみたいですよ~。

カオールとボルドーはライバルだったですね~。

確かに、日本の納豆、卵ご飯、カラム-チョ。食べたくなりますよね(^^)
あー、日本だとチーズとワインは贅沢品ですよね

BlueBlueberryさん

あはは、カラムーチョ食べたくなりますかぁ~(笑)
人気ありますね(^^ )

チーズとワインは、そう、日本では贅沢品かもしれませんよ。フランスでの値段は前から知っていたけど、滞在して印象付けられた後では、買う気力がかなり減退しました(>_<)

古い時代では、カオールとボルドーは地理的関係からもライバルだったようです。主要な消費地が、パリ、トゥールーズなどとすると、アクセスの状況が似てますもんね。その後ボルドーは、イギリスの支配下におかれ、イギリスでの大量消費に支えられて急成長したわけですが、その一方で、カオールは置いてきぼりになったかんじです。ジェームズ・ボンドがワインにもやたら詳しいのは、そこまでさかのぼれますね(笑)

↑で「中世以来のライバル」と書いたけど、実際には、現代のカオールは田舎の地酒といった趣きで、ボルドーのライバルとはいえないですね。生産量は千倍ぐらい違いそうですもんね。ま。。せいぜい「精神的ライバル」ってとこかな(笑) ボルドーの人はライバル意識というよりは、たぶん完全に見下してる雰囲気です。でも、カオールにも良いワインがありますよ。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/1820-a10e93cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。