スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エールフランス国際線機内食・ディナー・エコノミークラス(パリ→成田) 

エールフランスの機内食、往路でのお話はこちら
成田→パリ ディナー
成田→パリ 間食
成田→パリ ランチ
パリ→ボルドー スナック

復路の国内線のお話はこちら
ボルドー→パリ スナック


今回はパリ深夜発成田行きの機内食です。

20080404_01_02_AFParisNaritaDinner01

これがそのディナー。

ワインは白ワインをいただきました。


20080404_01_02_AFParisNaritaDinner04

きゅうりとトマトのタルタル、ゴートチーズ入り。
ゴートチーズって、シェーブルのことです。

☆☆☆☆

うまいんだな。。これが。。

見た目は学校給食みたいなかんじかもしれませんが、味のバランスとかがいいんだと思います。
シェーブルを口に含むとほろほろとほどけて、酸味とミルクの風味が口の中に広がります。
そして、よく言われる料理の基本ですが、大きさがちゃんとそろってますね。


20080404_01_02_AFParisNaritaDinner12

鶏肉のフリカッセ、ブランケットソース
にんじんとバターライス。

☆☆☆☆

フリカッセ(fricassee)は、よく出てきますが、こんなふうな鶏肉や、子牛やウサギの肉のクリーム煮です。鶏肉やタマネギをいためてから、ワインやブイヨンで煮て生クリームを加えるのだそうです。

もともと、フリカッセとは、「肉を細切りにして煮込んだ」の意ようで、比喩的に「ごたまぜ」の意味でも使われるようです。クリーム煮が多いようですが、必然性のあるものではないようです。

参考:Fricasse de mango

ブランケット(blanquette)は、要するにホワイト・シチューのことのようです。

料理の名前というのは、料理名前協会みたいなものがあって基準を決めているわけではないので、あまり定義がなんとか言っても始まらないもののようですね。


20080404_01_02_AFParisNaritaDinner0720080404_01_02_AFParisNaritaDinner08

ビスケット(左)とバター(右)。

ビスケットは、「ウィートミールビスケット」。普通のバタークッキー(GALETTE PUR BEURRE、FRENCH BUTTER COOKIE)ですが、wheatmealは、製粉度が全粒粉と精白粉の中間の茶色の小麦粉です。

☆☆☆☆

けっこういけた。


20080404_01_02_AFParisNaritaDinner03

FAMILLE
CASTEL
Depuis 1949
Produit de France
VIOGNIER
2006
MIS EN BOUTEILLE PAR FAMILLE CASTEL
A BLANQUEFORT E33290
VIN DE PAYS D'OC
CONTIENT DES SULFITES

格付けはVin de pay d'oc(地酒)、VIOGNIER種の白ワインです。
往路でも同じもの1本(ベビーボトル)飲んだ。

なかなか良かったと思う。
☆☆☆+

さすがエールフランス。


20080404_01_02_AFParisNaritaDinner02

色はこんな。


20080404_01_02_AFParisNaritaDinner05

フロマージュもついてます。
カマンベール。

カマンベール・ド・ノルマンディー(⇒日記)ではなくて、もっと穏かで普通のかんじのです。

☆☆☆☆


20080404_01_02_AFParisNaritaDinner11

ベリーのチーズケーキ

☆☆☆++


エールフランスの機内食には、大変満足しました。

☆☆☆++



コーヒーがインスタントコーヒーにそっくりだったので、暇そうなときに、スッチーさんに聞いてみたら、ビンゴ!(ネスレのインスタントコーヒー)でした。

コーヒーははっきり言って不味かったな。。。
お湯の温度とかも関係あるのかもね。

せめて「ネスカフェ・ゴールドブレンド」にしてほしいところだけど、あれは普通の「ネスレ」のインスタントだと思う(笑)

私は学生のころはよくインスタント飲んだけど、それでもすぐに「ネスカフェ・ゴールドブレンド」に移行した。最近はインスタントコーヒーは、「コーヒー寒天」作るのに使う。。

スッチーさんと話をしたら、航空会社によっていろいろで、KLMやJALは、エコノミーでもドリップって言ってた。エールフランスはビジネスクラスとかだと、ドリップらしい。そんなところで差をつけるとは(笑)

だって、コーヒー一杯って、ドリップでも、せいぜい20~30円だし。。。ま、手間もかかるのかもしれないけど。。。



コメント

えーー、信じられないほど
おいしそうな機内食に見えます!
しかもチーズ。あーーー、いいなぁ。
もう全て、某アメリカ航空とは天と地の差。こんな機内食を食べたいな・・・

BlueBlueberryさん

アメリカのは、そんなになってるんですか~。
競争激しいし原油高だし、航空会社も大変ですよね。。
機内食はある程度おいしくないとやだな~。
つまんないもんね。。。

おもしろい

こんな立派な機内食いいですね。
チーズもついてて。
うちもネスカフェゴールドブレンド(笑)外国はネスレ多いですね。
チーズケーキもなんかレベル高いわ。

rokoちゃん

あはは、やっぱりゴールドブレンドのほうがいいよね。
あれはたしかとくに日本人向けに作ってるんだったとおもう。だからたぶん外国ではないんではないかな。

フランスって意外にコーヒーには重点おいてない文化みたいです。イタリア人のほうがコーヒー好きなのかな。コーヒーの消費量が一番多いのはアメリカ、紅茶はイギリスだったとおもう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/1766-fa61ad63
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。