アルカッションの牡蠣の歴史 

アルカッションは牡蠣で有名なところですが、Wikipediaからまとめてみました。


Wikipedia fr.


Gallo-Roman時代
 野性のカキ(Ostrea edulis、"Gravette"、ヨーロッパヒラガキ)が採取され食べられていた。
 
1849年
 最初のカキ養殖場が出来た

1868年
 ポルトガルのカキ(huitres portugaises、Crassostera angulata)を積んだ船が嵐にあい、ジロンデの河口に避難したとき、配達の遅れのためにカキがダメージを受け、ジロンデ川に投げ捨てられた。このカキが大西洋岸に沿って古い種類のカキを凌駕し、2~3年のうちにアルカッション湾にまで繁殖した。

1920年
 古い種類のカキ(Gravette)は、疫病によって減少し、1924年には殆ど無くなった。

1967年と1971年
 古来の種のカキ(Gravette)と、ポルトガル由来のカキはヴィールスによって減少し、2年以内にほぼ絶滅した。すぐに日本から別の種のカキが輸入され(Crassostrea gigas、マガキ、真牡蠣)、現在では養殖のカキは殆どこの種になった。


参考:Wikipedia ja



20080402_07_REPETTO04

Grand Cafe Repetto



20080306_LePetitCommerce08

Le Petit Commerce




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/1760-a8904d30