アルカッション(Arcachon)のカフェ・レストラン"REPETTO"(レペト)で牡蠣 

アルカッション(Arcachon)は、ボルドーの西、電車で30分~1時間ぐらいのところにある、小さいリゾート、高級住宅街です。18世紀、ボルドーが景気の良かった時代に、沢山のお金持ちが住んでいたころが、リゾート、高級住宅街としての始まりらしいです。町の歴史は、1857年に始まり、最近やっと市制施行150周年だったようです。

Arcachon in Wikipedia en.
Arcachon in Wikipedia fr.
Archachon.com


そして、アルカッションといえば、アルカッション湾(Bassin d'Arcachon)で採れる豊富な魚介類が有名で、ボルドーのレストランは殆どどこに行っても、アルカッションからの取れたての魚介類を自慢にしているように見えます。魚介類について説明を求めると、お店の人はきまってうれしそうな顔をして、「あるかっしょん!」と言うのです。そしてまた、実際に新鮮で大変美味しいことが多い。

その中でもとくに有名なのが、アルカッションの牡蠣。一度絶滅しかかったときに、広島から輸入して再繁殖させたという逸話が残っています。

というわけで、ぜひ牡蠣を食べようということで、ボルドー在住の知り合いのお勧めのお店に行きました。


20080402_07_REPETTO01

Grand Cafe REPETTO(レペット?)というお店。

ランチタイムとディナータイムの間の休み時間がないのも、一つのメリットとのこと。


20080402_07_REPETTO02

バーがあり、あとの席はちょうど日本のファミレスのようになっています。


Les Assiettes Gourmandes "Completes" 14.90ユーロのメニューから、La marin(たぶん)というのをオーダー。そして白ワインをグラスで。


この名前は「美食家のセット(セット食いしん坊)完全」てことでしょうかね?

同じ「完全」でも、フランス人の好きな「パルフェ」って言葉でなくて、「コンプレト」を使ってるのは深い意味があるのだろうか。徹底したってニュアンス?

このグルマン(美食家、食いしん坊)という言葉も好きみたいで、大抵のレストランのメニューにあるし、お店の名前にもなっていたりします。

marinは船乗り。

20080402_07_REPETTO03

Huites au natural = 生牡蠣
huites chaudes = 温かい牡蠣
cassolettes moule = ムール貝をカソレッテ(小さい耐熱容器のこと)で
beurre d'ail = ニンニクのバターパン
tartare de saumon = サーモンのタルタル
carpaccio de thon = マグロのカルパッチョ
frites = フライドポテト


20080402_07_REPETTO04

生牡蠣です。
☆☆☆☆

なかなか大味です。
広島からの牡蠣だからか、大きいからか。
広島の牡蠣も大きいけど、ここまでよく育ったのはあまり見ない。

牡蠣は東北とか北海道の小さい身のしまったのが好まれることが多いですね。
私も普段はそうかな。。。


20080402_07_REPETTO05

これは温かいほう。
牡蠣のクリーム煮。
☆☆☆

普通に美味しい。


20080402_07_REPETTO06

マグロのカルパッチョ。

よく覚えてない。


20080402_07_REPETTO07

サーモンのタルタル。
☆☆☆++

タルタルは、こんな風に細かく切ったもののことです。

さすが、甘みがあって美味しかった。


20080402_07_REPETTO08

フライドポテト。

フランスではどこでもポテトが美味しかったのだけど、ここのは感心しなかったな。
イタリア料理店だから?
まさか冷凍食品?にしてはふぞろいすぎるか。


20080402_07_REPETTO09

ムール貝カソレッテ(casolette)。

cassoletteは小さい耐熱容器、香炉のことだけど、料理の名前になってるみたい?です。
よくわかりません。

ほんと、ふつうでした。


20080402_07_REPETTO10

白ワイン。
グラスはおなじみブラッセリーでよく使われるタイプ。
☆☆☆☆


20080402_07_REPETTO11

コーヒー。

以上トータルで、大体20ユーロぐらい。


カフェ・レストランREPETTOの、お気に入り度は

☆☆☆+

です。


まあまあ、普通のお店という感想。


月の港ボルドー、レストランのリスト





アルカッションとピラ砂丘に連れてきてくれた仕事場の知人には、感謝の意を込めておごってあげました。

20ユーロ=3200円は日本の感覚では、高い感じですが、いつものように1ユーロ100円ぐらいの使いでしかない世界なので、そう考えると妥当な金額です。

それにしても昨日のレートは1ユーロ166円。なに考えてんだって?いうかんじのユーロ高です。ほんとにそのレートで妥当なのだろうか。




コメント

おーー、生かき。
食べたいな・・・。
マグロも普通にメニューに存在するのは羨ましいdeす。
普通に、魚介類のメニューがある地域に住めるのは幸せなことだなぁと最近ひしひしと思います

BlueBlueberryさん、こんにちは

シカゴにはあんまりないですか~。

「で」が「de」になってフランス語みたいでおもしろいけど、パソコン調子悪いみたいですね。。(^^;)

( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

タイトル見ただけでわぁ~~って楽しみで見ました。やはりこういういろいろ載ってるプレートいいですね。
飽き性の私にぴったり(笑)

でもどれも普通でしたか。
残念だな~

rokoちゃん

あれ?タイトル?
楽天にリンク張ったのはLa Mamaのほうだけど。。

こちらのアルカッションのお店、わるかったわけではないよ。。
普通に満足でした(^^ )

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/1755-c48d2f19