ボルドー近郊アルカッションのピラ砂丘(Dune du Pyla) 

標高100m、ヨーロッパで最も高い砂丘だそうです。アルカッションの中心部からは南に9km、アルカッション湾(Bassin d'Arcachon)の大西洋への入口の付近にあります。

Wikipedia fr


ともかくピラ砂丘はすごいんで、それが少しでも伝わったらうれしいです。



今回はぶらりローカル線の旅ではなく、知り合いが車で連れて行ってくれました(感謝)。

仕事先の同僚が、平日だというのに、昼ぐらいから行ってみようということで・・・(感謝)。

ボルドーからは車なら1~2時間です。



20080402_05_Pyla01

駐車場は松林の中にあります。


20080402_05_Pyla02

駐車場からてくてくと。。

このときはオフシーズンでもあり、また平日だったので、それほど沢山は人はいませんでした。


20080402_05_Pyla03

これが目的のピラ砂丘(Dune de Pyla)です。


20080402_05_Pyla04

この階段はわりと最近に出来たと言っていました。
数年前に来たときには無かったと。

大きさが伝わるとうれしいです。


20080402_05_Pyla05

階段の途中から左を見るとこんなふうです。。
なかなか奇妙な光景です。
この砂が恒久的に崩れないわけなんで。

左側には広大な森林が広がっています。


20080402_05_Pyla06

これはたぶん、上りきったあたり。


20080402_05_Pyla07

この森林は、スペイン国境近くのバイヨンヌのあたりの森にまでずっとつながっているそうです。
ほんとならすげ~。
もしかしたら、ピラ砂丘よりすごいかもしれません。


20080402_05_Pyla08

カップルさんです~

この砂丘に座って、海をずっと見てるという、気持ちよくわかります。


20080402_05_Pyla09

こちらは海側に面して右の方向ですが、アルカッションのある方向です。
海に見えるのはアルカッション湾(Bassin d'Alcachon)。
美味しいお魚が沢山とれるところです。


20080402_05_Pyla10

砂丘の左側が先ほどの広大な森、右側が海ですが、この方向の海はアルカッション湾が大西洋に開いている入口の付近です。

遠くに1mmぐらいに見えるのは、たぶん人です。

手前に足跡が沢山見えますが、砂が海風や雨で湿っていて、足跡は風ぐらいでは消えない状況です。


20080402_05_Pyla11

ずっと先まで歩いてみました。。。


20080402_05_Pyla12

右の1/3ぐらいのところに、ちょんちょんちょんと三つ見えるのは、もちろん人間です。


20080402_05_Pyla13

このあたりまで歩くと、足跡は少なくなっています。


20080402_05_Pyla14



20080402_05_Pyla15

砂の様子。


20080402_05_Pyla16


20080402_05_Pyla17

バイヨンヌまでつながっているという森林。


20080402_05_Pyla18

これは来た方向を振り返ったところ。
斜面が急なことがわかるとおもいます。

ちょっと怖いぐらいです。
落ちたら大怪我するか死にそうです。


引き返してビーチのほうに降りてみました。

20080402_05_Pyla19

大西洋の方向です。

左側が砂丘ですが、かなりけわしい。


20080402_05_Pyla20

険しい砂丘を見上げたところです。

手前の数メートルの崖よりずっとずっと上にまで続いているのがわかるでしょうか。



20080402_05_Pyla21

アルカッション湾の方向ですが、とても大きいので、対岸はかすかにしか見えません。


再び砂丘を上りました。

20080402_05_Pyla22

小さく見えるのは、ずっと上のほうにいる人間です。

ズームすると・・・

20080402_05_Pyla23

こんなふうです。


ここに連れてきてくれた人とはさっきの階段の上のところで待ち合わせということで、かなり大変ですが、頑張って上っていきます。


20080402_05_Pyla24

上のほうに行くと、こんな光景が。。。


20080402_05_Pyla25

親子で、ぐるんぐるん転げて遊んでいるようです。

もうちょっと急なところでやると、たぶんシャれにならないと思われます。

このあたりならまだ大丈夫。


20080402_05_Pyla26

さっきの階段の上のあたりに戻ってきました。

このトラクター、砂丘を上ってきたものです。
ずっとタイヤの跡がついていました。

比較的ゆるやかな部分があるとはいえ、この砂丘を登ってくるとはすごいです。


ピラ砂丘はすごかった。。。


月の港ボルドー特集 小旅行・観光




追記:
Pylaの名前について

上にリンクしたWikipedia fr.によると、Pilatという名前が、18世紀の文献にみられるそうです。
(les cartes de Masse (1708) et de Cassini (1786))

それが20世紀初頭には、Sabloneysと呼ばれるようになり、1930年ごろに"Dune du Pyla" もしくは "Dune du Pilat," となったとのこと。(duneは「砂丘」の意味。)これらの名前の変遷は、不動産業者や開発業者によるものと書いてあるようで、もともとのPilatが、Pylaになったのは、開発業者のDaniel Meller さんによるものだそうです。

現在では、Sabloneyは砂丘の南にある小さい浜を意味するとのことです。

そして、Pilatは、元々はガスコーニュ語 pilhar から来ているそうですが、このpilharは、フランス語で tas、monticule、英語で、pile(積重ね、山積み)、mound(土塁、塚、小丘)の意味です。つまり、Pylaの古い名前Pilatは、pileと語源を同じくしている推察されます。

英語のpileの語源をみると、ラテン語の pila が、古期フランス語に移入されたものから来ているようですが、このラテン語の pila は、英語では pillar(柱(状のもの)、火柱)、pier(支柱、角柱)を意味します。また、辞書によっては、pileが直接ラテン語の「柱」から来ているとかかれており、ラテン語の辞書を見ると、pilaという言葉があり「柱」の意味です。


まとめると次のようになります。

ラテン語の pila (柱)
→ ガスコーニュ語 pilhar (山積み、土塁、小丘)
→ フランス語の呼び名 Pilat
→ 20世紀に Pyla と変遷

という流れのようです。

ちなみに、ガスコーニュ語とは、プロヴァンス語 (Provencal) の方言で、フランス南西部の言葉です。

プロバンス語は、ロマンス諸語の一つ。ロマンス諸語(Romance language)とは、紀元800年以来、俗ラテン語(Vulgar Latin)から派生した、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ルーマニア語など諸語のことなので、プロバンス語はフランス語の方言というわけではなく、対等な位置づけの言語と捉えるのが正しそうです。ヨーロッパにはこういう言語が無数にあり、100年前はフランスの中でも、隣村の言葉がまるで理解できなかったという状況があったようですね。

Gascon:ガスコーニュ人、ガスコーニュ語、ガスコーニュ人の、[g~] ほら吹きの
Gascony(英)、Gascogne(仏):ガスコーニュ(フランス南西部の地方)


ちなみに、Pyla に似ているものに、Pyramid(ピラミッド)、Pyrenees(ピレネー)がありますが、これらの言葉・地名はラテン語の辞書にも、pyramis、Pyreneとして、pyraという言葉の近くにあります。pyraは、「(火葬用の)まきの堆積、墓石」という意味で、pyramisには「尖塔、角錐」という意味があります。これらの言葉と、pila (柱)の関係はよくわかりません。l と r は日本語では似ていますが、もちろん、西洋人には全く別のものです。とはいえ、意味も似ています(角錐と角柱)ので、無関係とも言い切れないかもしれません。また、現代で Pilat を Pyla と変えたのは、その類似も意識しているのかもしれません。


コメント

ボルドーにはこんな場所があるのですね。
ぴら砂丘は、強風なら、砂が全部吹き飛んだりして崩れないのかしら?と
ちょっと疑問に思いました。
やっぱり海を見ると、癒されますよね

BlueBlueberryさん、こんにちは

砂がけっこう水分を含んでいて、かなり重たくなっているので、風ぐらいではびくともしないんです。
面白いでしょう~(^^ )

すごーい

フランスに砂丘って想像しなかった!
綺麗なさらさらの砂ですね。
海と空と砂浜美しいな。
ほんとずっと海を眺めていたいですね。

関係ない話ですが、牛乳記事私も集めたらやろうと思ってたので(笑)お互い地元特集やりましょうよ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!誰も興味なくてもo(*^▽^*)oあはっ♪私は知りたいわそちらの牛乳

rokoちゃん

砂丘の楽しんでいただけたらうれしいです(^^ )
出来るだけ大きさのわかるような写真選んでみました。

牛乳のはそうなんですね。楽しみです。こちらでも買えるのがあるといいな。たまにはブログのタイアップっていうのも面白いね~♪ タイミングが合うといいのだけど。。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/1754-9553d754