サンジャン・ピエドポール(St-Jean-Pied-de-Port)へ、フランス「ぶらりローカル線の旅」その6 

バイヨンヌ(Bayonne)から、サン・ジャン・ピエ・ド・ポール(Saint-Jean-Pied-Port)という小さい町に行ってみました。


電車で1時間半ほどなのですが、この日はなぜか突然バスでの置き換え運行になりました。SNCFではこういうことよくあるようです。時刻表にもない突然の変更です。

バイヨンヌの駅に数人トランシーバーなどを持ちながらたむろしていたSNCF職員さんたちの中から、若いブロンドのおねえさんに、バスはどこから出るのかを尋ねました。

まず最初に「アナタワ、エイゴヲ、シャベラレラレマスカァ?」と尋ねます。

質問が質問だけに、英語で尋ねましたが、おねえさん自信満々に「ノン」。

しかし、簡単な英語フランス語の単語の羅列でうまい具合にコミュニケートでき、外に連れていってもらいました。正確にどこからでるのかわからなかったのだけど、最終的には「ココニイロ」ということで、時間まで待つことに。。

そうこうしてる間に同じ目的地の人も出てきて、一緒にバスに乗れました。バスは駐車場に沢山止まってるバスから一台がそのまま出発する形で停留所もなく(バイヨンヌの場合)、始めての人は誰かに聞かないとわからないと思われます。

20080329_01_03_Bayonne02

この駅の写真でみると右側ほうにバスの駐車場がありました。


SNCFのブロンドさんは、元気で粋な感じのけっこう大柄な女性で、歯が真っ白だった。一瞬、ファラフォーセット・メジャーズ?てなかんじにみえるかもしれない美人さんでした。



20080331_04_01_BayonneStJPdeP01

バスはこんなふうな観光バス。

なんでバスの置き換えになったのかは不明ですが、帰りは電車でした。

乗客が少ないからかな?


Saint Jean Pied de Port は、「ピレネー山脈のふもとの聖ヨハネ」という意味。

portは「港」などの意味ですが、手元の辞書によれば、「ピレネー山脈」という意味もあるようです。
piedは foot。
Saint Jean は、英語では Saint John=セントジョーン、日本語では聖ヨハネ。

ちなみに、巡礼路で有名なサンティアーゴは、サンジャック、セントジェイコブ、聖ヤコブ。


Saint-Jean-Pied-de-Port
Wikipedia


20080329_01_03_Bayonne08

これは前の日記に載せたニーヴ川(Nive)。
バイヨンヌの市内の橋の上から上流に向かっての写真です。
右が大バイヨンヌ、左が小バイヨンヌと呼ばれる地域。

バスはこのニーヴ川に沿って上流へ、右岸から左岸へ、左岸から右岸へ縫うようにして進みます。


20080331_04_01_BayonneStJPdeP02


バスはもちろん道路を走るわけですが、鉄道もニーヴ川に沿っています。


20080331_04_01_BayonneStJPdeP03


途中SNCFの各駅に停車し、その都度、運転手さんは駅舎の中に入って乗客の人がいないか見てくるというシステムです。

駅は無人駅が多く、かなりさびれています。

フランスでは元々大きな駅でも改札口はないので、無人駅といっても、改札はどうするのかという心配はないです。


以下、のどかな田園風景が続くなか、ピレネーの山奥に入っていきます。


20080331_04_01_BayonneStJPdeP04


20080331_04_01_BayonneStJPdeP05


20080331_04_01_BayonneStJPdeP06

20080331_04_01_BayonneStJPdeP07

20080331_04_01_BayonneStJPdeP08

20080331_04_01_BayonneStJPdeP09

20080331_04_01_BayonneStJPdeP10

20080331_04_01_BayonneStJPdeP11

20080331_04_01_BayonneStJPdeP12

20080331_04_01_BayonneStJPdeP13

20080331_04_01_BayonneStJPdeP14

20080331_04_01_BayonneStJPdeP15

20080331_04_01_BayonneStJPdeP16

20080331_04_01_BayonneStJPdeP17

20080331_04_01_BayonneStJPdeP19


というふうに、どんどん上流にさかのぼっていきます。。。

写真が多くなってきたので、次の日記につづく・・・






月の港ボルドー特集 小旅行・観光




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/1738-1a393311