スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルドーのレストラン"La Raclette"でフォンデュ 

前にラクレットを食べて美味しかった La Raclette に再訪してみました。

前回の日記

20080320_03_LaRaclette01



今回はあんまり心地よくもない内容を含むので、100%のグルメねたをご期待の場合には、次回の日記までお待ちください(笑)


・・・で、こんどは、フォンデュを食べてみました。

セップ茸(cepes、西洋まつたけ、≒ポルチーニ(伊))が入っていて、アルマニャック風味のフォンデュ18.5ユーロと、グラスの白ワインをオーダー。



20080327_02_Raclette01

グラスの白ワインは、ちょっと甘口でした。
前回のと違うみたい。

同じのが出てくるものと思って、油断していた。


20080327_02_Raclette05

アップで…

20080327_02_Raclette04

アルマニャックとセップ茸で、ちょっと色が薄黒くなっています。
味は想像できる味でした。

☆☆☆

んーまぁ、普通に美味しいぐらい。

不味くはなかったけど…。

セップ茸はボルドーの特産品でもあります。

アルマニャックもボルドーの近く、南~南東のあたりで生産されます。

アルマニャックは、コニャックみたいなもので、ブランデーですが、アルマニャックのほうはヴィンテージが付きます。つまり一つの年の葡萄のワインを蒸留します。コニャックのほうはブレンドされるからヴィンテージはないらしいです。どちらも地方の名前です。知名度ではコニャックですが、歴史はアルマニャックのほうがあるのですよ。


20080327_02_Raclette06

じゃがいも。

20080327_02_Raclette07



ま・・・料理は普通に美味しかったのですが・・・・・

この日は、トイレの横の席しか空いてなくて最悪でした。
2階も満席だったのだろうか。
その時点で、他の店にすればよかった。


フランス人てのは、トイレを使った後に出るときドアを閉めるってことをしない人種のようですね(>_<)
混んでくると、殆どひっきりなしに入っていくのですが、出ていくときに、ほぼ全員、トイレのドアを閉め忘れていました。
ほぼ全員です。
合計5~6名ぐらいいたかな~。
そのうち男性は1名ぐらい。残りは全て若い女性です。
しかも、臭い!
見えなかったので、入っている間に閉めてるかどうかはわからないけど、出た後にとても臭うので、見に行くと、案の定開いているというわけです。
きっちり閉めないタイプと、まるっきり大開放のタイプといます。



はっきり言って、最後まで食べずに、お店を出ました。


良い教訓になりました。
フランスで、トイレの近くの席しかないときには、他の店にするべき。

授業料は、20ユーロでした。


月の港ボルドー特集




コメント

(/・_・\)アチャ-・・

そうか、そういうことか・・・
勉強になりました。

私は飛行機で区切りの一番前で前が広いから喜んでいたら、トイレのすぐ近くだと気づき、食事後は行列だし、もう前が広い席は二度とごめんです(>_<)

しかしそんなところで食事したくないですよね。。。

rokoちゃん

私も勉強になりました。
半分以上残して出てきましたけど。。
フランス人は臭くても気にならずに食べられるのかなぁ~。

飛行機の区切りのところの席はトイレとの位置関係がすぐ近くの場合と、そうでもないこととあるね。エコノミー席の中にある境のときは近いかな~。ファーストクラスやビジネスクラスとエコノミークラスの間の場合は比較的広いかな。

わかります。
私もトイレに近い席は避けてしまいます。

季節外れですが、チーズフォンドが
食べたくなりました。
コニャックやサップ茸はありませんが
作ってみようと思います。
日本よりチーズ安いですもの

BlueBlueberryさん

アメリカのほうがチーズ安いのですね!
いいなー(^Q^)
ボルドーから持って帰ったチーズがもう食べ終わっちゃって、ちょっとさみしい今日この頃です。。。

アルマニャックやサップ茸はボルドーの地方特産みたいなのですが、フォンデュに入れるとすんばらしぃ~というわけでもなかったです(^^;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/1713-1e090308
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。