フランス鉄道事情その1:ローカル線 

ボルドー滞在中、週末に「ぶらりローカル線の旅」を何回かしたので、その経験を書きます。

ちょっと長めに滞在して、フランスはともかく自動車大天国ということがわかりました。
そしてフランス国鉄=SNCFは、昔の日本の国鉄のよう。

ちょっと面白そうな観光地に行きたいと思うと、ローカル線が廃止されていたり、本数が日に1~2往復だったりして非常に不便だと思ったことが数知れずです。バスのアクセスも同様で日に1~2往復だったり。

他国と比較してみましょう。日本でも確かにローカル線はだいぶ廃止されましたが、バスでのアクセスが日に1~2往復しかないとか、バス停から歩いて1時間かかるとか、そういう「八ツ墓村」みたいなところは非常に少ないはずです。あっても、田んぼしかないようなところでしょう。

一瞬、そういうところに住む人は困らないのか心配ですが、自動車があるから大丈夫というわけです。

んで、そういうところに行くと、観光地らしくない気分を味わえるかというと、自動車で来る人が沢山いるそうな・・・。

ドイツではどうかというと、たしかにそういう要素はあるけど、フランスほどではない。電車だけでもかなりの割合の重要な観光地を回ることができました。しかも週末は只みたいに安いチケットがあり、あれだけ車に誇りを持ってる民族なのに、同時に「鉄道天国」「鉄道旅行天国」という印象でした。

というわけで、電車やバスでのアクセスがわるければ、レンタカーを借りるか、タクシーを使うか、さらに場合によっては直近の大きめの町で1~2泊することが必要になります。(私はしませんでしたが。)

ま、しかし、電車でアクセスできるところだけでもどうせすべて回れないのだから、そちらを優先してわるい理屈もないわけですが。。ただ、行きにくいとなると余計行きたくなるのが人間の性(さが)ではありますね。。。(^^;)


次に、電車とバスでのアクセスを調べて旅行計画を立てようという場合の話ですが、インターネットでの径路検索が日本での径路検索みたいに優秀でないですね。現地に着いて帰りの電車をカウンターで予約するときに、出発前に径路検索では引っかからなかった径路を提示されたことがあります。また、「車しか乗れない電車」が、何の注意書きもなく、径路検索で表示されたことも。また電車の運行状況が非常に細かく日によって違うので、検索結果の違う日への使いまわしができません。同じ曜日でも注意が必要です。

そして、スペインへの国際列車の検索がネットで出来ません。SNCFの人に聞いたけど、もにょもにょ行ってて、理由はよくわからないみたいでした。

このへんもよくわからない。もう10年ぐらい前にドイツにいたときには、ネット検索が非常に有効で、何も問題なかった記憶がある。

ボルドーでは、時刻表も本屋で売られていませんでした。昔はトーマスクックのがあったのだけど、ボルドーではなかった。ヨーロッパ一?フランス一?という売り場面積の本屋にも行ったけど、なかったので、多分パリでもないか、探すのに苦労すると思います。

となると、駅に行って時刻表を探すわけですが、手に入るのは、その駅に止まる電車の時刻表だけであることは言うまでもないことであり、また、国際列車の時刻表が手に入りません。だから外国に電車で行くとき、乗り継ぎで国内の都市に行くときには不便です。

そしてその時刻表ですが、一見沢山の電車があるように見えるけど、殆ど全部に番号が振ってあって、かなりマニアックに、運行する日が記されており、目的の日に動くものをふるいにかけて残すと、結局朝に1本、夜に帰りが1本しかなかったりということも、よくありました。

さらにわるいことに、そうやって帰りの電車をチェックしていたにもかかわらず、目的地に到着して発着の表示板を見たら、帰りの電車の時間が全く違っていたりすることもありました。

また、これは小さい問題ですが、ときどき電車がバスに置き換わったりもします。しかし電車だと思ってホームで待っていたら、駅の表側にバスが来たりして、それを逃すおそれもないとはいえないから注意が必要です。一応、バスの運転手さんが駅の中に入って呼ぶみたいですが。

というわけで、フランスでは旅行計画は自分で立てるものではなく、大雑把に何日にこの町に行きたいとかの予定を立てたら、「専門家」に全部アレンジしてもらうのが、きっと彼らの常識なんだろうと思います。どうせ長距離列車では、シートの予約が必要な列車が多いですから、いずれにしてもSNCFの人か、旅行会社に行ってやってもらうのがわかりやすいです。もちろん、大都市から大都市への移動などわかり易い移動についてはこの限りではありません。

こういうのは、たぶん大量にいるSNCFの職員の仕事を残すためなんだと思います。

コメント

ドイツ人と日本人は几帳面さの点で
似ているって
ツアーコンダクターの人が言ってました(>_<)
お昼にサンドイッチのお弁当を頼んでいても
きっちり頼んだ時間に出来ているので
安心だとか
それがイタリアだったら・・・
時間は守らない数もあやしいらしいです

国民性ってあるんですねv-259
でも凄ーいv-237何処でも行けちゃうんですね
電車の発車ベルがあるのは日本だけですか?
時間にすーっと行っちゃうって、本当ですか?

桜さん

そのとおりですね~。
ドイツ人と日本人はなんか似てます。
几帳面だし、なんか優しい人々です。
ドイツ人も日本に旅行すると良い印象を持って帰るみたいです。

ラテン系はやっぱりアバウトですね。

そうです。電車のベルはなかったですよ。
時間になると、すーっと行っちゃいます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/16-b9169bc9