スーパーマルシェ「カジノ」でお買い物 - 第2回 

今回は次のものを買いました…

20080310_02_casino01


牛乳3種
 BIOLAIT 1リットル 1.79ユーロ
 LAIT FRAIS entire:全乳の牛乳 1リットル 1.25ユーロ
 LAIT FRAIS demi-lait:低脂肪乳 1リットル 1.16ユーロ
クロワッサン 5個入り 2.10ユーロ
トイレットペーパー 6個入り 1.66ユーロ
チーズ オッソイラティ 5.75ユーロ
チーズ シェーブル 2.54ユーロ
パルマ プロシュート 6枚入り 3.15ユーロ
シャンプーとリンス、1.25ユーロと1.70ユーロ
FRAISE イチゴ 1.95ユーロ

合計24.30ユーロ


20080310_02_casino02


牛乳は最初に買った「Biolait」がやたら美味しかったので、飲み比べのために3種買ってみました。
demi-laitというのは、乳脂肪が半分なのだと思うのですが、日本の普通の牛乳と低脂肪乳の中間ぐらいのかんじでした。
entireというのは、多分全乳なのだと思うのですが、日本の普通の牛乳よりも濃い感じがしました。
値段は160円のレートでみて日本の普通の牛乳と同じぐらい。生活実感の100円のレートで考えるとやはり安いです。
Biolaitは、やはり濃厚で、甘味がありました。

やはり乳製品に関してはさすがフランスという印象。

http://www.candia.fr/


20080310_02_casino03

右のがシャンプーで、左のがリンスです。
どうせ短期滞在だから、一番安いのを探しました。

シャンプーは昔日本で見たティモテがあり、あのハーブの香りのを愛用してたのに、あるときに品物がなくなり残念だったので、ハーブの香りの無いかなと思って探したのだけどありませんでした。

シャンプーの使用感は泡立ちが悪いし、香りはあまりよくないし、Casinoの製品ですが、日本で一番安いの買ってももっとマシだと思いました。

リンスは、最初なかなか見つからなかったのですが、pepe犬さんに、apres-shampooing と呼ばれていると教えてもらって、そのつもりで探したらわりとすぐに見つかりました。apresというのは、afterって意味みたいです。

で、一番安いのが Ysianceのだったのだけど、この匂いがひどいもんで、また最後のほうで胴体を押して中身を出そうとしたら、紫色の蓋の部分が外れるし、こんなひどい商品は日本ではまずお目にかかれないという品物でした。それでもリンスの役割はするので、無いよりはよかったのだけど。


20080310_02_casino04
20080310_02_casino11
20080310_02_casino12


イチゴは見た目色が濃いし美味しそうに見えるのだけど、全然甘味がないし、すっぱいし、イチゴ同士がくっついているところが大部分腐ってるし、やはり果物は日本だなと思いました。

イチゴジャムってものが発明されたのは、こういうイチゴを美味しく食べるためなのだと納得。また逆に今の日本の美味しい甘いイチゴをイチゴジャムにするは、勿体ないことがわかりました。

日本でも昔のイチゴはかなりすっぱく、美味しく食べるために、つぶしてミルクと混ぜたり、砂糖や練乳を加えたりと工夫したものです。

最近の日本のイチゴは品種改良が進み、そのままでも十分に美味しく食べられるようになりました。

そして、外国で常に見るのが輸送の雑さ。柔らかい果物は日本でしか期待できないみたいです。

洋梨なんかは柔らかくて美味しいけど、あれは大抵硬いうちに収穫して追熟させて甘くさせるので、ちょっと意味が違う。


20080310_02_casino06
20080310_02_casino10


クロワッサンはスーパーにベーカリーの施設があるみたいで、そこで焼いたのか、それとも山崎のパンみたいに工場のを運んできたのかはわからないのですが、このクロワッサンは個人的には美味しいと思った。

私はあまり脂っこいもの好きでないのですが、それほどでもなく、結構気に入りました。他所で何箇所かでクロワッサン試したのですが、どこのも脂っこくて今ひとつでした。


20080310_02_casino09

これはお気に入りの一つのオッソイラティ。
いいかんじに熟成したのは、蜜の香りがマジでするのだけど、これはその一歩手前ぐらいのかんじでした。


20080310_02_casino07
20080310_02_casino08

シェーブルも好き。これはお店の人が勧めてくれたから買ったのだけど、スパイスやハーブで香り付けがされている。シェーブルは独特の臭みがあるのと、わりと香り付けが上手くいく感じの味なので、こういうのがよくある。


トイレットペーパーは、住んでるところが半分アパート、半分ホテルみたいな感じの宿舎なので、自分で買わないといけないと、掃除の係りのおばちゃんが、一生懸命フランス語だけで教えてくれたので、買いました。日本だったら激安のときに買いだめしとくのに…。6個入り1.66ユーロは、160円のレートで考えると、ちょっと高めの印象。100円の生活実感レートなら、ありうるかな。日本では12個入りを198円とかで買ってたような気がする。


月の港ボルドー特集


コメント

なつかしい~

そうそう、ティモテは確かよくない成分が入っていて中止になったんですよね。私もハーブの香りのものは好きです。お友達はアグリーとかよく使っていますよ。
私は好きなアロマを入れて使ってます。
牛乳のボトルいいなぁ。日本の紙の嫌いです(>_<)ママが最初にあけると両方あけるんです。
いちごは日本には勝てないですね(笑)

えー!知らなかった。。
ティモテはそうだったのですか!
私は花の香りとか果物の香りが自分の頭からしてくるのはあまり好きでなく、いつもできるだけ穏やかなもの探すのだけど、ティモテは当たり障りの無い香りでうってつけだったのです。

ママは両側空けちゃうんですね(笑)
面白いけど、両方はだめだと思う。
閉じれなくなっちゃうし。

ボトルはいいけど、ゴミ増えるしリサイクルしにくいと思う。
フランス人はゴミを分別したり、リサイクルしたりって考えが少ない国民みたいです。
多分殆ど意識してないんではないかなぁ~。
全部一緒くただし。。。
ドイツではちゃんと色別のガラス用のゴミ捨てがあったような気がするけど。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daydiamond.blog45.fc2.com/tb.php/11-93b1144d

牛乳の比較その1(秋川牛乳、パティシエアッシュ、久保正彦低温殺菌)

フランスで飲んだ牛乳が美味しかったので、日本でも同じようなものを飲めないかということで、美味しそうな牛乳をいくつか試してみまし...