楽天ブログ「月水金」の続編です。 古い日記もほぼ移転完了。現在リンクを修正中です。

 

月の港ボルドー特集   新着   レストラン・カフェ   小旅行・観光   生活

うなぎ特集     入口   うなぎ比較   何でも一番集   お店ごと一番集

チーズの記録  ハード&セミハード  ブルー  ホワイト  シェーブル  ウォッシュ  フレッシュ  話題

ワインの記録  入口・新着順  食べ物の記録  入口・新着順  デザート系  お食事系  その他の話題

レストランの記録  入口  表参道・青山・近辺  渋谷・近辺  他の都内  東京以外全国  料理別

レトルト・カレー 比較・全リスト (110種以上)

映画の記録 → 別館 50音順リスト 動画など リスト

 

このブログのすべての文章と写真の無断転載を禁止します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯島のフランス料理店「ワンズ・ラクレット」で10月上旬のディナー(湯島、チーズ料理) 




この日は、湯島に用事がありまして。。。


続きを読む…

スポンサーサイト

秋葉原のだし茶漬け専門店「だし茶漬け えん アキバイチ店」でだし茶漬けのランチ(東京、和食、日本料理) 




秋葉原UDXの2階にあるレストラン街「AKIBA ICHI」(HP)にある支店で、ランチをいただきました。


続きを読む…

神田須田町の甘味処「竹むら」でほっとした。。。 

20090330_02_KandaTakemura02


神田まで来たのでお気に入りの甘味処「竹むら」さんに寄ってみました。


お店情報
竹むら
東京都千代田区神田須田町1-19
tel:03-3251-2328
日祝定休、11:00-20:00

続きを読む…

神田の割烹・小料理屋「満寿家」でうな重のランチ - 米倉涼子もうっとりのうな重 

20090330_01_KandaMasuyaUnagi04


よく遊びに来てくれるrokogirlさんから(日記のコメント欄)、テレビ番組(ぴったんこカン・カン)の中で、米倉涼子が「今日死んでもいいかも」と言ったという鰻があると聞いて、前から行こうと思っていたお店に行ってみました。


お店情報
満寿家
東京都千代田区神田鍛冶町3-3
tel:03-3256-8897
日祝定休、11:00-13:30、17:00-22:00(LO)

続きを読む…

東京神田の甘味処「竹むら」でクリームあんみつ 

リピートの話がつづいてしまいます・・・。


久しぶりに、竹むらさんに寄ってみました。


東京都千代田区神田須田町の竹むらさんは、昭和5年創業。

日記
日記





20080919_03_KandaTakemura02

この建物は「東京都選定歴史的建造物」です。
すだれのかかった二階や漏れる明かりなど、季節や時間帯ごとに違う情緒がありますね。

久しぶりに行ったら、横の建築中のマンションが完成したようでした。
きれいなマンションもいいし、住むところは必要ですが・・・。
この景色はさみしくもあります。


20080919_03_KandaTakemura01

クリームあんみつ730円。

☆☆☆++


餡が甘すぎず、なめらかで美味しいです。
北海道産小豆が原料で自家製とのこと。

今回はさくら茶がなかったなー。
注文が早すぎたか。。。






お店情報:
〒101-0041 千代田区神田須田町1-19
03-3251-2328
HP



神田明神参道入口の「天野屋」で甘酒 

同じお店の繰り返しになってしまいますが・・・。

日記1
日記2





20080919_02_AmazakeAmonoya01

神田神社の参道入口にある甘酒の天野屋さん。


20080919_02_AmazakeAmonoya02

売店の横に甘酒の飲める席があります。


20080919_02_AmazakeAmonoya03

店内はこんな雰囲気。


20080919_02_AmazakeAmonoya04

お店の地下6mにある創業当時からの天然の室(むろ)より作り出される
糀(米こうじ)をもとに、作られる甘酒(400円)。

☆☆☆☆++


砂糖が入っていないというのが信じられないぐらい甘いのですが、
ほんのり複雑な味わいがあります。
ついてくる舐め味噌の「久方味噌」は天野屋さんのオリジナルのようですが、
これを食べながら甘酒を飲むと甘みが引き立ち、また格別です。


老舗を訪ねて

創業は1846年(弘化三年)とのことで、現在は6代目とのこと。
室は200年以上、創業者の天野新助さんが茶店を始めたときにはすでにあったようです。





天野屋さんのHP

お店情報:
〒101-0021 
東京都千代田区外神田2-18-15
tel:03-3251-7911
 


御茶ノ水のカレー屋「エチオピア本店」でチキンカレー 

前にレトルトカレーを食べて美味しかったので、ちょっと有名なカレー屋さん「エチオピア」に、行ってみたくなりました。

お店のHP


レトルトカレーのまとめ
エスビー・名人達のカレーの感想


これもボルドーに行く前です。


20080302_01_Ethiopia01

エチオピアさんの入り口。
新御茶ノ水駅から、けっこう歩きます。

15時40分に到着して、チキンカレー800円を注文。
辛さ12倍にしました。


店内はほぼ満席。


20080302_01_Ethiopia02

まずじゃが芋が出てきます。
とても美味しいです。
☆☆☆☆+


20分ほどして…

20080302_01_Ethiopia03

チキンカレー。
スパイシーな香りに加えて、甘い香りもします。
味は複雑なスパイスの辛さに溶け込んだきれいな甘さが特徴。

私にとっては、12倍は少し辛すぎましたが、可能な範囲。
あまり辛いと、いろんな味がわかりづらくなってしまいますので。

☆☆☆☆☆

しいて言うと、舌触りに少しざらざらしたところがあるのがマイナス。

しかし、十分に美味しく、満足しました。


お気に入り度は

☆☆☆☆☆

です。



お店情報:
tel: 03-3295-4310
東京都千代田区神田小川町3-10-6



レストランの記録




神田の甘味処「竹むら」であんみつ 

もはやお気に入り店といえる「竹むら」さんです。


20080108_takemura1

最初に出される桜茶がいいんですよね~ヽ(´▽`)ノ

ほっとするわぁー。


店内ショットをひとつ…

20080108_takemura2

前の写真のほうがいいか。。


今日はあんみつ680円…

20080108_takemura320080108_takemura4

この餡が甘すぎず、わたしの好みにぴったり。

黒蜜もちゃんとした黒蜜で香ばしい。

小豆の塩味も、良い感じで、餡や黒蜜の甘さを引き立ててくれます。

☆☆☆☆++



レストランの記録



この日はお店に入るとき、リュックしょった頭ぼさぼさなオタクっぽい大柄な男性が、地図か何かを見ながら、店内に入っていくところでした。そして見ていると、むちゃキレイな女の人の前に座るではあーりませんか(ここんところチャーリー浜ふうに)。。待ち合わせの雰囲気。。「よろしくお願いします」とお互いに頭を下げていて、私は『ははぁ~ん、ブラインドデートやね。それにしても不釣合いな…。』って思ったのですが、よく見てると(この時点で私も怪しい)、なんか仕事の話っぽい。入稿がなんやかんや言ってたので、出版か雑誌の記事か、イラストか何か? 竹むらで仕事の打ち合わせとは、また風流ですな…。





神田の甘酒屋「天野屋」で甘酒 

この橋、夢に出てくるんですよね~。

20080106_kanda1


総武線がとおってくですが~。



20080106_kanda2

いつもはなめ味噌の久方味噌を付けてくれるけど、正月(1月中)は省略だそうです。

天野屋さんの甘酒はうまいっちゃ。


加藤!ワープ2で前進!





神田のうなぎ屋「神田きくかわ」で、うなぎ 

中央通りの神田あたりを歩いていると、神田「きくかわ」のお店は、目に留まりやすい。


20080106_kandakikukawa1

この建物はたぶん、昭和22年の創業時からの建物だと思われます。

たぶん2階が座敷、1階はテーブル席。

3階で鰻を焼いている姿が見えます…

20080106_kandakikukawa2



20080106_kandakikukawa3

この日は、店の外で写真を撮っている親子連れがいました。両親と20代の娘の3人連れで、1階の禁煙のテーブル席で隣になりました。


15時ごろに入店し、うな重(イ)2620円と、白焼き(イ)2310円、菊正宗550円をオーダー。

うな重、白焼きとも(イ)は一番小さいもので、それでもうなぎの大きいのが1.5尾だそうです。


5分後…

20080106_kandakikukawa4

白焼き。
かなり大きいです。
皮がぬめっとしていて、焦げが苦く、焼き魚っぽくなっています。
水分が抜けてぱさぱさ。
☆☆


オーダーしてから15分後…

20080106_kandakikukawa5

うな重には、肝吸い、香の物、デザートのライチが付きます。


20080106_kandakikukawa6

うな重。
一番小さい(イ)でも十分に大きい。
一尾が大きいです。
皮が厚く、ぬめっとしています。
身からは水分が抜けて硬くなっており、少しぱさぱさしている。
焼き魚のようであり、歯にくっつきます。
しかも、脂っこい感じがあります。

ご飯の硬さは普通だが、やはり少しパサパサ。

タレは甘すぎます。
みりんが強すぎです。

私もたまに料理して、失敗してみりんを入れすぎることがあるのですが、そういう味です。



とても食べきれず、かなり残してしまいました。
うなぎに申し訳なかったです。


肝吸いは、インスタントの方が美味しいぐらい。
実は、肝吸いも残してしまいました。
☆☆

香の物もなんだかあまり美味しくないです。
☆☆


隣の親子連れは、美味しいといって完食していましたが…。
他のお客さんたちも、全部食べきっていた。
あのみりん味の焼き魚を、よく食べられるなーと思いました。

あまりお腹すいていなかったからかな~。

お腹すいていたら食べられたかもしれないけど。


お店の人にはわるいけど、トータルのお気に入り度は



です。


ところで、白焼きもうな重も、すぐに出されたのだけど…

ぐるなびにはこんな言葉が…

あるじのひとり言
勝手言ってもうし訳ないけど、江戸前のうなぎ料理は、時間がかかる。
せかされると、はんぱな仕事になるんでね。
でもかならずいい仕事するから、まかせなよ。
でがけに一声かけてもらえりゃ大変助かります。
サキ・串打ち  2匹     2分
白焼(手返し10回)     6分
ムシ         20~25分
色付(タレ・3回)      5分
             計38分






レストランの記録

この記事は楽天ブログ「月水金」よりの移植です。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。