楽天ブログ「月水金」の続編です。 古い日記もほぼ移転完了。現在リンクを修正中です。

 

月の港ボルドー特集   新着   レストラン・カフェ   小旅行・観光   生活

うなぎ特集     入口   うなぎ比較   何でも一番集   お店ごと一番集

チーズの記録  ハード&セミハード  ブルー  ホワイト  シェーブル  ウォッシュ  フレッシュ  話題

ワインの記録  入口・新着順  食べ物の記録  入口・新着順  デザート系  お食事系  その他の話題

レストランの記録  入口  表参道・青山・近辺  渋谷・近辺  他の都内  東京以外全国  料理別

レトルト・カレー 比較・全リスト (110種以上)

映画の記録 → 別館 50音順リスト 動画など リスト

 

このブログのすべての文章と写真の無断転載を禁止します。

中目黒の西洋料理店「タヴァーン(Tavern)」で夕食(東京、目黒、東急東横線) 




前に開店祝い(日記)に伺ったお店です。


続きを読む…

中目黒の西洋料理店「Meat & Bakery Tavern(ミート&ベーカリー タバーン)」の開店祝いのパーティ(東京、目黒、東急東横線、中目黒駅、肉料理、パン屋) 




去年の12月17日に開店されて、それに先だってのお披露目のパーティーが14日にありました。

姉妹店によく行くので、ご招待いただきまして、当日ちょっと遅くなりましたが、おじゃまいたしました。

続きを読む…

奥沢の寿司屋「入船寿司」でマグロ(東京都世田谷区奥沢、和食、日本料理、ランチ) 




宝くじが当たったら、そして近くに住んでいたら毎日でも行きたいのが入船さんです。

といっても、これで三回目。

続きを読む…

奥沢の入船寿司さんに再訪 

入船さんの、まぐろがまた食べたくて…。





20081209_02_OkuzawaIrifune01

入船寿司さんのお店。


20081209_02_OkuzawaIrifune02

マグロの赤身

なんともうんまいたっぷりとした赤身。
こうでなくっちゃ。。


以下、寿司の写真だけですので、興味ない方は読み飛ばしてください。。
撮った私自身以外に「寿司の写真」に興味のある方がいるのかはわかりません(^^;)
たぶんいないかも(笑)

続きを読む…

東京都世田谷区奥沢の「入船寿司」で寿司 

世田谷区奥沢の「入船」さんは、もはや「伝説」みたいになってるお寿司屋さんです。
美味しいマグロが食べられるということで、奮発して行ってみました。

なぜ、入船さんが、伝説なのかというと、ともかく「まぐろで一番」ということで、テレビや雑誌に頻繁に取り上げられてきたからです。

簡単に「まぐろで一番」といっても、入船さんの一番は筋金が入っています。
必ず一番のまぐろを仕入れるという、大将の強い意志があるのです。
築地で一番のまぐろを仕入れたら、当然世界一ってことになりますね。。




20080920_01_Irifune01

東急目黒線の奥沢駅からすぐのところにあるお店はあくまでも庶民的な外観。
地元密着型のお寿司屋さんに見えます。


20080920_01_Irifune03

でも内装は新しいかんじです。

入口の近くの席に座ると、ちょうど前におられた方がどうも大将のようでした。



「店主のおまかせ」10,500円をオーダー。
にぎり11カンと巻き物1本に、玉子焼きとお吸い物、お新香が付きます。
電車の中で、この「おまかせ」にするか、大トロ炙り丼にするかずっと迷っていました。


20080920_01_Irifune04

まぐろの赤身。
☆☆☆☆☆!

正直、いままでの生涯で一番ぐらいのまぐろの赤身でした。
口に入れたとたん、くぅ~っと涙が出そうになりました。
お腹が空いていたせいもあるかもしれませんが…。

後で聞いたのですが、大将によると、天然物だから日によって
90点のこともあれば、95点のこともあるけど、この日のまぐろ
は100点満点だったそうです。



20080920_01_Irifune05

中トロ
☆☆☆☆☆!

同じく・・・。
泣けてきました。

この感覚は寿司でないとなかなか味わえません。


見事な中トロだったので、あっぷで・・・。

20080920_01_Irifune06

なんともまぁ。。
良い中トロですなー。

身の切り方も私好みです。
たっぷりと厚く幅広で、長すぎず。

よくひょろひょろっと細長く切る職人さんもいるんですが、
口のへんなとこに当たって、個人的にはいまいちです。


20080920_01_Irifune0720080920_01_Irifune08
20080920_01_Irifune09

コハダ
☆☆☆+
握りが大変美しい。

スミイカ
☆☆☆☆
良いネタでぷりっぷり。
塩がふってあるが、私の好みからは少し塩辛すぎた。

ホシガレイ
☆☆☆☆++
ホシガレイは水揚げが少なく高級魚らしい。
これも少し塩辛いが、上の昆布がまた良い味を添えていて美味。
後口に長く旨みが残った。


20080920_01_Irifune1020080920_01_Irifune11

庶民的な器ですが(笑)
味噌汁も旨かったです。


20080920_01_Irifune12

皮ぎし
☆☆☆☆☆

まぐろの皮の近くの身。
とろっとろなんです。


20080920_01_Irifune1320080920_01_Irifune15

ハマグリ
☆☆☆++

アナゴ
☆☆☆++
非常に柔らか。
私はもう少し味が薄くてもいいけど。

イワシ
☆☆☆++


20080920_01_Irifune14

トロタク
☆☆☆☆

トロとタクワン。
大将によると、良いトロだからタクワンが合うとのこと。

個人的にはあえてタクワンはなくても良いかな。
そのまんまで十分美味しそう。


20080920_01_Irifune16

大トロ、にんにく醤油とスライス。
☆☆☆☆☆

この大トロはまるで豆腐のようにとろとろ。
私の好きなタイプの、硬い筋のない大トロだけど、これは次元が違う。
なにせ、ほんとにとろける感覚。
大間に行ったらいつもこんなもの食べられるのだろうか(笑)


20080920_01_Irifune1720080920_01_Irifune18

玉子焼き、ハモのすり身入りと、香の物。
☆☆☆++


20080920_01_Irifune19

フィニッシュは大トロの炙り
☆☆☆☆☆

これが噂の炙りというわけです。


上と同じく、豆腐のようにとろとろ。
繰り返しになるけど、ネタが格別で、桁違いといったかんじ。

漬け醤油が塗られているのだけど、個人的な好みでは味が少し濃すぎた。
入船さんの味付けは、基本的に濃い目で、醤油が強めの関東風です。
このへんは大将の好みなんだと思います。

にぎりの握り方は心持ちしっかりめ。光物のしめ方もしっかりめかと。。
個人的にはもう少し軟らかめの握り、浅めのしめ方が好みかな。。。


入船さんは、ともかくマグロに関しては、『すげーっ』と思った。

よく「日本一」という言葉は比喩的に使われるけど、
入船さんのはまじに、正真正銘に日本一と言って過言ではないかんじです。
もちろん私の少ない経験の範囲でですが、その中でもダントツに良いネタなので。


いろいろ話も聞かせていただいたのですが、
何よりも「一番のマグロ」を仕入れる意気込みがすごい。
ここまでくると感動的ですらあります。

一徹なマグロ主義。純粋ってかんじです。
私も小学校の通信簿に「一徹」と書かれたぐらいなので、
これには琴線に触れるものがありました。


マグロの塊りを取り出していたのを、興味深そうに眺めていたら、
写真を撮らしてくれました(笑)

ちょうど撮ってもいいですか?って尋ねようと思っていたのでした。


20080920_01_Irifune20

非常に美しいですよねー。


肖像権のためここには載せませんが、大将の写真も記念に撮らしてもらいました。
マグロの塊りを目前にした大将のすばらしい表情が撮れていました。

どんな表情かというと、マグロをいとおしむような、
そして、最高の美術品を鑑賞するような、
満足感というか、幸せ感というか。。。

大将はほんとに幸せな人生を送っておられるのだと思いました。


あと、なんとなく「地元愛」も感じられました。
銀座でなく、奥沢で最高のマグロを出すことに意味があるという。。

実際、これだけの高級なマグロを出すお店なのに、
ランチタイムには1,365円の「お昼のにぎり」などもメニューにあるのです。
地元の常連さんが頻繁に通える値段ということではないかなー。


「マグロ愛+地元愛」で、「入船寿司」が出来ていると思った。
そしてその根底にはお客さんに美味しいもの食べさせたいという気持ちが。。。



美しいマグロの塊りを見ていたら、炙り丼も食べてみたくなりました・・・。


20080920_01_Irifune21

大トロの炙り小丼 6300円。
☆☆☆☆☆

炙りは奥のほうで若い方がやってくれるのですが、絶妙に炙ってきます。
これだけ満遍なく炙っているのに、薄皮一枚の中がちゃんとレアです。
炙りすぎちゃってツナになっちゃった他所の某店の大トロ炙り丼とは違います。

大将の喋りは、お客さんに対するサービスで、とくにマグロの仕入れに関する
いろんな逸話を聞かせてくれます。
でも、大トロ炙り丼食べている間は、話しかけたりはせず気遣いが感じられました。


大トロのネタについては、いつも食べていた大トロとは違う食べ物なんだなーという感想。

銀座の高級店に行けば同じようなネタを食べられるのかもしれないけど、
絶対高いだろうとおもう。

あと良いマグロを安く食べられるのは、やはり大量に仕入れるチェーンの寿司屋さんかな。
ただしマグロを売り物にしているところ。
しかし、日によってだいぶネタが違うし、ここまでのはお目にかかったことがありません。
銀座でもどこでも、小さいお店では普通はなかなか良いマグロを仕入れられないし、
仕入れても非常に高くなるはず。





お店のお気に入り度は

☆☆☆☆☆

です。



ぐるなび
Yahooグルメ
livedoorグルメ


お店情報:
〒158-0083 東京都世田谷区奥沢3-31-7
東急目黒線奥沢駅 徒歩1分
東急東横線自由が丘駅 徒歩10分
Tel: 03-3720-1212
営業時間 11:00~22:00
ランチ 11:00~15:00





目黒駅近の「ジョナサン」で完熟黒酢赤野菜 

真夜中にちょっと運動ということで、自転車こぎこぎしてたどり着きました。


ファミレス「ジョナサン」です。

ジョナサン



運動したぶんというわけではないのだけど…

20070806_j1

マンゴパフェ



20070806_j2

完熟黒酢の赤野菜ドリンクです。




お気に入り度は

☆☆☆

です。



ファミレスは、いろんなときに便利ですが、最近はあまり使いません。

いろいろな話を聞くので。

それでも便利なときには使いますが。





祐天寺のフランス料理店「ラ・フェバリット」でフレンチのディナー 

祐天寺は東横線で渋谷から四つ目。

東京とは思えないようなこじんまりした駅前のロータリーの反対側、静かな住宅街の中を数分歩くと普通の家並みの中に、緑の垣根に囲まれたかわいらしいフレンチレストラン「ラ・フェバリット」があります。

店内はピンクでまとめられていて、やはり「かわいらしい」かんじ。
すっきりしていて暖かい雰囲気があります。


オードブル五種、メイン肉か魚の一種のBコース4800円を選択しました。オードブルは選択肢が豊富でどれも美味しそう。迷ってしまいます。

その中からサーモンのカルパッチョビーツのソース、うにの貴婦人風、チーズとアンチョビ、ホーレンソウのクレープ焼き、ツブ貝のエスカルゴバター焼き、仔羊肉のタタキ粒マスタードソースを選び、メインは肉料理、カモのローストゆず胡椒風味を選びました。


オードブルは一つ一つ手間がかかっていて、順番に別のお皿で運ばれてくるのが、高級感をかもし出してます(^^ )

メインはこんなふう。。

20060926_01.jpg

付け合せも手間ひまかかっています。


料理はどれも美味しくて満足…。


デザートは、バナナのパートフィロ包み焼きバニラアイスクリーム添えにしました。
パートフィロは小麦粉ととうもろこしの粉で作った薄いパリパリの皮です。
このデザートもとても美味しかったです♪

コーヒーは給仕さんが見事な注ぎ方で注いでくれました。
シェリー酒を注ぐみたいにたかぁ~く持ち上げてくれるんです。
おかわりも…(^^ )
そういうのも見ていて楽しい♪


完璧なはずのディナーなんですが、あとでちょっと物足りなさが…。
なんだろうって思ったのですが、おそらく前菜の組合せのようなメインかなと…。
メインの存在感があるほうが、コースを食べたっていう達成感があるかもしれません。
歌にだってサビ、ドラマやシンフォニーなどにもクライマックスがあるように、
コース料理にもそれがあっても良いかなと…。
それと味付けも大変美味しいのですが全てが同じトーンになっています。
完全に好みの問題なのですがもう少しメリハリがあるほうが私は好きかも…。
一つ一つの料理の中にも冒険があるとうれしいことも…。
逆に言うと安定感のある味付けで良い面もあるのですが。。

そんな贅沢な言い分はさておいて…。

どの料理もすばらしかったことには違いないです。
沢山の料理が楽しめるのもメリットのひとつ。

また遊びに行きたいお店です。


☆☆☆☆-


お店情報:
東京都 目黒区五本木1-29-1 ピアッツァ1F
03-3793-1472


レストランの記録






目黒の「菜の花」でさんま 

目黒駅から坂道ちょっと下ったところにあります。。

「菜の花」さん

20060926_01.jpg


基本的に飲み屋さんです。。

大部分カウンター席、奥のほうに小さいお座敷があるようです。


さんまの塩焼きの定食です。。

20060926_10.JPG

旬のさんまの塩焼きが美味しくないわけないです~♪


さらにさんまの刺身。。
これを食べるために行ったといっても過言ではない。。

20060926_08.JPG20060926_09.JPG


甘味があって美味しい!

うっとり☆☆☆☆☆(^Q^)だぁ~。

旬だけの限定です。


骨を揚げてくれました。。

20060926_11.JPG


さんまの塩焼きはこの季節どこでも美味しいと思うので、その中では普通なかんじ…。

素人の私には何が違うのかわからないけど、もっと美味しく焼くことは出来るかもしれません…。

あと残念だったのは、ご飯がぱさぱさになっていたこと。
元々食べ物屋さんというよりは飲み屋さんなので、仕方ないかな…。
一番遅い時間帯でしたし。。

一人で行ったのですが、普通は座らないような一番端の目の前に黒い布のかかった大きな棚のあるカウンター席に通されました。私は視力2.0なので目の前の障害物にはことのほか弱いのですが…。入り口付近のカウンター席が5つずっと空いていましたが、やはり多人数の来店がある可能性を考慮して、このお店はともかく順番にきっちり詰め込む方針のようです。


お店の人忙しそうでしたが、明るいかんじのいいお店でした。


また刺身のさんま食べたいと思ったので。。

全体的に☆☆☆☆かな。。


月水金的レストランの記録